TOP > 試合結果

【NJKF】大和&梅野が日本人初WBCムエタイ世界王座を奪取

2014/11/15(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


▲MOMOTARO(右)が終始、自分の距離で戦った

▼第3試合 NJKFフェザー級王座決定戦 3分5R
○MOMOTARO(OGUNI/NJKFフェザー級1位)
判定3-0 ※三者とも50-47
●大樹(ARENA/NJKFフェザー級2位)
※MOMOTAROが新王座に就く。

 MOMOTAROは左ミドルを主軸に蹴り技でアウトボクシングをするサウスポー、大樹は決して退かずパンチ&ヒザで勝負するファイタータイプ。正反対のスタイルを持つ両者の対戦となった。

 1R、MOMOTAROが左ミドルと右サイドキック、前蹴りで距離を取って蹴り続ける。大樹のパンチは最小限の動きでかわす。

 2R、前に詰めて行って強い右ローを蹴る大樹だが、MOMOTAROは首相撲からのコカしを多用して大樹にペースを握らせない。

 3Rも蹴りと左ストレートで自分の距離を保って攻め続けるMOMOTARO。首相撲に大樹を捕まえるとヒジ、ヒザで一方的な攻撃。

 4R、大樹のパンチ&ローを強打される場面もあったMOMOTAROだが、首相撲に捕まえるとヒジとヒザで盛り返す。

 5R、パンチを連打して前へ出る大樹だが、MOMOTAROはかわして左のパンチと左ミドル。ジャッジ3名が全員3ポイント差をつけて、MOMOTAROが判定勝ちで新王座に就いた。

 MOMOTAROは「こう見えて泣き虫なので……このために誰よりも練習してきたのでベルトが獲れてよかったです。この嬉しさは両親に一番に伝えたいです。いつも支えてくれてありがとうございます」と涙声で語った。


 

▲前田(左)が左ハイキックでKO

▼第2試合 NJKFバンタム級次期挑戦者決定戦 3分3R延長1R
○前田浩喜(CORE/NJKFバンタム級1位)
KO 2R1分16秒 ※左ハイキック
●若野一治(誠至会/NJKFバンタム級2位)
※前田が次期挑戦権を獲得。

 2R、右のパンチで前に出る若野に前田が左ストレート。前田の左ハイがヒットすると下がる若野へ前田が一気に距離を詰めて攻撃を加え、最後は左ハイを直撃させてKO勝ち。


▲嶋田(右)が右フックでKOした

▼第1試合 NJKFスーパーライト級 3分3R
○嶋田裕介(Bombo Freely/NJKFスーパーライト級5位)
KO 3R2分30秒 ※右フック
●宇都宮城(VERTEX/NJKFスーパーライト級4位)

 1Rに宇都宮が右ストレートをクリーンヒット。2Rも宇都宮が右ローとパンチで攻めるが、嶋田のヒザ蹴りに消耗気味。3Rは嶋田が強打を次々とヒットさせていき、最後は右フックで宇都宮を仕留めた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果