TOP > 試合結果 一覧

【WPMF】中向がvs日本人無敗のムエタイ戦士に善戦

2014/12/07(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲引退試合の秀雄(左)にレック(右)は容赦ない攻め

▼第5試合 WPMF日本ウェルター級 3分3R
○レック・エイワスポーツ(タイ/エイワスポーツ)
判定
●秀雄(平井道場)

 40歳を迎えた秀雄が引退試合を迎えた。1Rからレックが情け容赦ない攻撃を加え、ヒジでカットして流血に追い込む。

 2Rもレックはロー、ヒジ、ボディへのヒザと猛攻を加え、秀雄は首相撲に持ち込むのが精一杯も必死に耐える。

 3Rはレックが攻撃の手を休め、秀雄が胴廻し回転蹴り、ローの連打を見せて試合終了となりレックが判定勝ち。試合後には秀雄の引退式が行われ、10カウントゴングが鳴らされた。

▲極真館の世界大会準優勝・遊佐(右)は実方(左)とドロー

▼特別試合 BOM特別ルール 65.0kg契約 3分3R
△遊佐真介(TEAM SAMURAI/2012極真館全世界ウェイト制空手道選手権大会72kg以下級準優勝)
判定1-1 ※28-29、30-28、29-29
△実方拓海(TSKジャパン)

 天才空手兄弟の兄・真介がBOMに2度目の登場。実方はアマチュアキックの日本王者で、今回がBOM初参戦。

 1R、遊佐は左右の蹴り、実方は左の蹴りと両者蹴り技を多用。遊佐の左ロー、実方の蹴りに合わせたパンチがヒットする。

 2R、実方がバックブロー、顔面前蹴り、パンチの連打で遊佐をコーナーへ追い詰める。遊佐は後半に右ストレート、右ローで反撃。

 3R、遊佐はパンチで前に出る。実方はヒザ蹴りからパンチで遊佐をコーナーへ追い込むと、遊佐は強気に打ち合う。両者譲らず、判定は三者三様のドローとなった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧