TOP > 試合結果 一覧

【WPMF】中向がvs日本人無敗のムエタイ戦士に善戦

2014/12/07(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


▲片島(左)と林(右)はドローに終わった

▼第3試合 WPMF日本バンタム級王座決定戦 3分5R
△片島聡志(WSRフェアテックス/元WPMF日本スーパーフライ級王者)
ドロー 判定0-0 ※49-49、49-49、49-49
△林 敬明(TSKジャパン)
※タイトルは主催者預かり。

 当初は林が王者・竹内将生に挑戦することが決まっていたが、竹内が怪我のため王座返上。林はバンタム級に階級を上げた片島と王座決定戦を行うことになった。

 長身サウスポーの林のパンチ、蹴り、首相撲にやりにくそうな片島だったが、2Rになると右ロー中心に攻め、右ハイをヒットさせる場面も。

 3R、林は長い手足を利した蹴りと左右ストレート、片島が接近してくると組み付いて動きを封じる。

 4R、パンチとローで攻める片島だが、バッティングになってしまい林は流血。再開されると両者は打ち合いを展開。林の左右ストレート、前蹴りが目立つ。

 5R、片島がローからのパンチで攻め、左フックでクリーンヒットを奪うも、林に組み付かれて追撃打を封じられる。判定はジャッジ三者とも49-49でドローとなり、タイトルは主催者預かりとなった。


 

▲優希(左)が元王者の松崎(右)を破って新王者に

▼第2試合 WPMF日本スーパーフライ級王座決定戦 3分5R
○優希(Desperado/J-NETWORKスーパーフライ級王者)
判定3-0 ※50-48、50-47、50-47
●松崎公則(STRUGGLE/元WPMF日本スーパーフライ級王者)
※優希が新王座に就く。

 片島が返上した王座を、元王者で現在1位の松崎とトーナメントを勝ち上がってチャンスを得た優希が争う。

 1R、両者ともローで様子を見るが、サウスポーの松崎の右フックがヒット。優希は左右フックで松崎をコーナーへ追い込む場面も。

 2R、優希が左フックと右ボディストレートで攻め込み、松崎は“来いよ”と手招きして挑発し、左ミドルを返す。

 3Rは松崎が自分の距離を保ちながら左ミドルを蹴る。しかし、後半になると優希は右ミドル、右ヒザ、右ボディストレートで松崎をコーナーへ詰めて優勢に。

 4R、優希のパンチにヒジを合わせようとする松崎だが、優希のパンチとローをもらう場面が目立つ。両者とも手数は少なめだった。

 5R、松崎は左の蹴りとヒジで前に出る。優希は右ハイを連発し、右ボディストレートを中心としたパンチを当てては離れて松崎のヒジをかわす。優希が判定勝ちし、二冠王となった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧