TOP > 試合結果

【戦場】晃希、若山、裕喜がタイトル初防衛、柿崎が新王者に

2014/12/07(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


▼第6試合 ダブルセミファイナル2 DBSフェザー級王者決定戦 3分5R
○ダイナマイト柿崎(DRAGON 湯沢/RKAフェザー級王者)
判定3-0 ※50-49、48-47、49-48
●作田良典(GET OVER/DBSフェザー級2位)
※柿崎が初代王者に

 7月大会から始まった8人の新鋭によるDBSフェザー級王者決定トーナメント。9月大会の準決勝戦で小野寺紘也を2RTKOで下した柿崎と、白岩義也を判定で破った作田がタイトルを懸けて激突した。

 気合十分の柿崎は、ゴングと同時に飛び出して左右フックからローにつなげる。作田はパンチからテンカオで反撃し一進一退の攻防に。3R、手数の落ちない柿崎は右ストレートを何度かクリーンヒットさせるが、作田もパンチで応戦。

 5R、作田のヒジで柿崎は額をカットしたが、勢いの落ちない柿崎はパンチとミドルで前に出続け、バックブローも連発でヒット。僅差の判定で柿崎が2つ目のタイトルを獲得した。

この大会の写真(全871枚)はこちら

 


▼第5試合 ダブルセミファイナル1 DBSスーパーバンタム級タイトルマッチ 3分5R
○裕喜(KIX/DBSスーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※50-48、50-49、50-49
●カズ☆仲村(真樹ジムオキナワ/元KOSスーパーバンタム級暫定王者)
※裕喜が初防衛に成功

 昨年10月に沙斗流を倒し、タイトルを獲得した裕喜の初防衛戦。挑戦者の仲村は3連勝中と勢いに乗っている。

 序盤はお互いにミドルを主軸とした静かな展開。仲村の前進に合わせて裕喜は前蹴り、右ミドルをテンポよく当ててリズムを掴む。

 3Rには、仲村をコーナーに詰めて裕喜がパンチ連打で追い込み優勢をアピール。5R、パンチで前に出る仲村に対し、裕喜はパンチで突き放し的確に右ミドルを当てる。フルマークの判定勝ちを収めた裕喜だったが、王座返上と現役引退を発表した。

この大会の写真(全871枚)はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果