TOP > 試合結果

【RIKIX】梅野がムエタイ3冠王に圧勝

2015/02/11(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲一戸(右)はボディを効かされて苦しい展開だったが、力強い攻撃で僅差の判定勝ち

▼第8試合 56.0kg契約 キックボクシングルール 3分5R
○一戸総太(ウィラサクレック・フェアテックスジム/WPMF世界スーパーバンタム級王者)
判定2-0 ※50-49、49-48、49-49
●宮元啓介(橋本道場/WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者)

 WPMF JAPANの一戸とイノベーションの宮元が団体の看板を懸けて激突した王者対決。

 1Rは両者ともローとミドルで慎重な出足。2Rになるとそのローとミドルが強さを増し、両者は蹴り合う。パンチを混ぜながら淡々と蹴り合う両者だが、終盤に宮元の三日月蹴りと左ボディブローが強烈に決まった。

 3R、前へ出る宮元が左ボディブローと左ミドルで攻める。ローの蹴り合いでも一戸がやや押されるが、飛び込んでのヒジで宮元の額をカットする。

 4R、宮元がボディを攻めまくり、一戸は苦しい展開となるが、ヒジとヒザで応戦。宮元が背中側から組むような形になった時、一戸の振り向き様のヒジがクリーンヒットした。

 5Rはボディを攻められる一戸が下がりながらのパンチとロー。さらに首相撲からのヒザ蹴り、ミドルと力強い攻撃が目立った。

 ボディを攻められて苦しい展開だった一戸だが、僅差の判定勝ちで王者対決を制した。

【関連動画】宮元啓介がユウ・ウォーワンチャイを撃破
【関連動画】一戸総太がラジャダムナンランカーを相手に防衛戦


 

▲森井がデンサイアムのヒザ蹴りに左フックを合わせてダウンを奪った

▼第7試合 59.0kg契約 3分5R
○森井洋介(藤原ジム/Bigbangスーパーフェザー級王者)
判定3-0 ※49-45、49-47、49-47
●デンサイアム・ルークプラバーツ(タイ/元ルンピニースタジアム認定バンタム級王者)

 森井は昨年6月に前ルンピニースタジアム認定スーパーバンタム級王者ルンペットをバックハンドエルボーでKOする快挙を達成するなど、現在5連勝中。対するデンサイアムは過去にあの大和哲也からも勝利している、元ルンピニースタジアム認定バンタム級&元WMCバンタム級王者。

 1R、森井は小刻みに身体を動かしながら左右ロー、デンサイアムが蹴ってくるとすぐにパンチの3連打を返す。

 2R、森井がデンサイアムのヒザ蹴りに左フックを合わせてダウンを奪う。一気にラッシュをかける森井だが、大振りになってしまいデンサイアムがヒジとヒザで反撃。

 3R、前へ出るデンサイアムがヒジとヒザで逆襲に転じる。森井は押されるが、右ローを効かせて強打を浴びせ、ヒジも打ち返す。

 4R、デンサイアムはヒジ、ヒザ、左ミドルと右ローと攻め込み、森井は蹴りには必ずパンチを打ち返す。森井の手数がやや減り、デンサイアムは機を見てハイキックも繰り出す。

 5R、デンサイアムがガードはガードを固めて前進するとヒジを連発、さらに森井の得意技であるバックハンドエルボーを連発する。森井も負けじとヒジ、バックハンドエルボーで反撃。さらに、下がりながらもアッパーとフックをヒットさせていく。

 判定勝ちを収めた森井だが、「くそっ!」とKO出来なかったことを悔しがった。

【試合動画】
森井が前ルンピニー王者をバックハンドエルボーでKO

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果