TOP > 試合結果

【RIKIX】梅野がムエタイ3冠王に圧勝

2015/02/11(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲苦戦を強いられた健太(左)だが、ヒジでカットしてTKO勝ち

▼第4試合 67.0kg契約 キックボクシングルール 3分5R
○健太(ESG/WBCムエタイ日本ウェルター級王者)
TKO 4R 2分41秒
●松岡 力(藤本ジム/新日本キックボクシング協会ウェルター級6位)

 健太はこれが50戦目となる大ベテランでNJKFのエース。対するは新日本キックのランカーではあるが、まだ6戦目の松岡。次期エース候補と目されるスーパーホープだ。

 1Rはジャブとローでの探り合い。健太は時折ハイキックも出す。松岡の右ローが鋭い。

 2R、松岡は右ローを軸に顔面前蹴りを何度も当てる。健太は左ボディブローを叩きつけ、パンチ主体で一歩も退かない。

 3R、松岡は前蹴りをタイミングよく顔面とボディに突き刺す。さらに鋭い右ローと左右のフック。しかし、健太の右ヒジで松岡は流血してドクターチェックに。再開後は両者がヒジで打ち合う。

 4R、松岡の右ローでグラつき、まさかのピンチに追い込まれた健太だが、負けじとローを蹴って松岡を失速させる。そして健太のヒジで松岡はさらに大流血となり、ドクターチェックでストップがかかった。

 大健闘した松岡だが、健太がベテランの意地を見せつけた。

【試合動画】
健太がハイキックでダウンを奪いWBCムエタイ王座奪取 
 


 

▼第3試合 62kg契約 3分3R
○秀樹 (新宿レフティージム)
判定2-0 ※29-28、29-29、30-28
●長谷川健 (RIKIX)

▼第2試合 59kg契約 3分3R
○藤野伸哉 (RIKIX)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●HIRO (エイワスポーツジム)

▼第1試合 65kg契約 3分3R
○KENGO (RIKIX)
判定3-0 ※29-28、30-28、29-28
●寺内芳彦 (CRAZY ARMAMENT)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果