TOP > 試合結果 一覧

【巌流島】復活・田村潔司が秒殺一本勝ち、注目の60歳達人は中島に一本負け

2015/07/18(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲立った状態でアキレス腱固めを極めるミノワマン(右)

▼第5試合 スーパーファイト 巌流島ルール 3分3R
○ミノワマン(プロレス/日本)
判定3-0 ※30-29、29-28、29-28
●楠ジャイロ(ボクシング/ブラジル)

 1R、ミノワマンがタックルでテイクダウンし、マウントポジションからパンチを連打する。スタンドに戻るとミノワマンは前方回転から足を取りにいくが、失敗して上からパンチをもらってしまう。ミノワマンが投げて上になり、パンチを落としたところでラウンド終了。

 2R、たびたびテイクダウンしてマウントポジションを奪うミノワマンだが、寝技15秒ルールに阻まれて関節技を極めることが出来ない。

 3R、体力の消耗が激しいミノワマンは自ら下になってジャイロを寝技に誘う。同じ展開が最後まで続き、勝敗は判定に持ち込まれ、ミノワマンが判定勝ちした。

▲健闘するもアンブリッツ(右)の強烈なパンチでTKO負けした海鵬(左)

 

▼第4試合 スーパーファイト 巌流島ルール 3分3R
○ジミー・アンブリッツ(MMA/アメリカ)
TKO 2R 2分27秒 ※レフェリーストップ
●海鵬(大相撲元小結/日本)

 大相撲元小結の海鵬が巌流島に登場。PRIDEにも参戦したアンブリッツと対戦する。アンブリッツは「リスペクトしている相撲の力士と対戦できるなんて興奮するぜ」と戦前に語っていた。

 この試合は特別ルールで行われ、寝技における顔面へのサッカーボールキックが有効。海鵬は一度入場するも、ファールカップを付け忘れたため控え室へ戻って仕切り直し。

 1R、パンチを放って前に出るアンブリッツのパンチに対し、海鵬は帯をつかんで組み付き、一気に押し出して転落させる。ドッと沸く場内。

 再開後、アンブリッツの左右フックに苦しめられる海鵬だが、再び組み付くと場外へ押し出して再び転落させることに成功。

 場内が大いに盛り上がる中、2Rに突入。組み付く海鵬だがバランスを崩して転倒し、そこを押し出されて転落してしまう。再開後、アンブリッツは転倒した海鵬の顔面にヒザ蹴りを入れてしまい、減点1。

 再開後、アンブリッツのフックをまともにもらってしまう海鵬。フラついたところへアンブリッツが左右フックを叩き込み、ダウンしたところでレフェリーストップ。見せ場を作った海鵬だったが、TKO負けとなった。

この大会の写真(全509枚)はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧