TOP > 試合結果

【蹴拳】松田玲奈、ムエタイとの初対決でKO勝利

2015/07/22(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲右ハイキックでKO勝ちした田中雄士(右)

▼第9試合 蹴拳インプレッションルール スーパーフェザー級王座決定戦 3分5R
○田中雄士(RANGER GYM/GRACHANフェザー級王者、WBKF世界スーパーフェザー級王者)
KO 1R 1分03秒 ※右ハイキック
●シンリーテック・ポーポンサワン(タイ/元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーバンタム級5位)
※田中が初代王者に

 序盤、シンリーテックはこかし、カウンターのローでリズムを掴むが、田中がラッシュを仕掛け右ハイキックでKO勝ちし、3本目のタイトルを獲得した。

この大会の写真(全704枚)はこちら

 


▼第8試合 蹴拳ムエタイ・スーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
○平野将志(インスパイヤードモーション/REBELS MUAYTHAIスーパーライト級10位/挑戦者)
判定3-0 ※50-47、49-47、50-48
RYOTA(777GYM/蹴拳ムエタイ・スーパーライト級王者)
※平野が第2代王者に、RYOTAは初防衛に失敗

 4月大会で同王座を争った両者。その時はRYOTAが判定2-1の僅差で勝利した。

 序盤はRYOTAペース。積極的に左右のハイを繰り出しKO狙い。平野も攻撃を返していくが、後手に回ってしまい劣勢のイメージは強い。

 3Rになると、平野は首相撲を仕掛けヒザを当てていく。徐々に体力を削られていったRYOTAは失速し、平野ペースに。後半は平野のパンチのヒット数も増えていく。平野が判定勝ちし、リベンジ&王座奪取に成功した。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果