TOP > 試合結果 一覧

【BLADE】ペトロシアン防衛 城戸リベンジならず

2015/08/01(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲判定で勝利した谷山(左)

▼第7試合 BLADE Superfight -64.5kg契約 3分3R延長1R
○谷山俊樹(谷山ジム/ISKAインターコンチネンタル63kg級王者)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●チョ・ソンヒョン(韓国/ファイトジム/コリアビースト60kg級王者)

 連敗中の谷山が再起を懸けて20歳の韓国人ファイター・ソンヒョンを迎え撃った。

 1Rからソンヒョンはエンジン全開でフック連打からの右ロー。谷山はパンチをしっかりブロックして右ローを蹴り、終盤にはソンヒョンがローを嫌がって足を上げ始める。

 2Rも勢いよくパンチの連打で前へ出るソンヒョンだが、谷山は右ローでダメージを与えて逆にパンチで前へ出る。ソンヒョンは後退。

 3R、両者ともスタミナ的に苦しそうな表情だが、攻勢に出たのは谷山。

 右ローを徹底的に蹴り、パンチにつなげる。ソンヒョンも最後まで諦めずパンチを放っていったが、谷山がパンチで押していき、判定勝ちで連敗から脱出した。

【試合動画】谷山俊樹vs恭士郎のBigbangタイトルマッチ 


 

▲憂也(左)が左フックをクリーンヒット

▼第6試合 BLADE Superfight -65kg契約 3分3R延長1R
○憂也(魁塾/DEEP☆KICK-65kg級王者)
判定3-0 ※29-27、30-28、29-28
●UMA(K&K BOKING CLUB)

 現DEEP☆KICK王者の憂也と、前REBELS 65kg級王者UMAが激突。

 1R、軽快なフットワークからUMAが三日月蹴り、後ろ蹴りなどの蹴り技で攻めていく。トリッキーな動きに憂也はやや戸惑い気味か。

 しかし2R、憂也はパンチで距離を詰めてのヒザ蹴りで前へ出て行く。UMAは蹴りが少なくなり、パンチで打ち合うが、回転力で憂也が優る。

 3Rも憂也がパンチとヒザ蹴りのコンビネーションで攻め、右ヒザ蹴りを顔面に命中させてダウンを奪う。UMAはパンチからのハイキックを狙ったが逆転ならず、憂也が判定勝ちを収めた。


 

▼NEXT STAGE第2試合 -63kg契約 3分3R
-63kg契約 3分3R
○瑠輝也(るきや/SFKキックボクシングジム)
KO 2R 2分12秒 ※右フック
●橋本正城(LA GYM JAPAN/2014年KAMINARIMON 全日本大会-60kg級優勝)

▼NEXT STAGE第1試合 -61kg契約 3分3R
○野崎元気(谷山ジム)
判定2-0 ※30-28、29-29、30-29
●アイオロス純(STURGIS新宿ジム)

※トーナメントの試合結果はこちら 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧