TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】アランチャイが大和哲也をダウンさせ、WBCムエタイ世界王座奪う

2015/09/27(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

トリッキーな動きからハイキックを多用するMOMOTARO(右)

▼第7試合 WBCムエタイ日本統一フェザー級タイトルマッチ 3分5R
○MOMOTARO(OGUNI-GYM/NJKFフェザー級王者/挑戦者)
TKO 5R 1分10秒 ※左縦ヒジによるカット→レフェリーストップ
●笹羅 歩(笹羅ジム/WBCムエタイ日本統一フェザー級王者)
※MOMOTAROが新王座に就く。笹羅は初防衛に失敗。

 王者・笹羅は昨年9月の『NJKF 2014 6th』で王座決定戦を制して王者となり、今回が初防衛戦。挑戦者MOMOTAROは現在9連勝中と乗りに乗っている。笹羅はMOMOTAROと同じ髪型、同じ髪色となって登場。

 1R、MOMOTAROはヒジのフェイントを見せつつ、ミドルとローで攻める。MOMOTAROはバックハンドブローを空振りすると、そのまま回転しての右ミドルを放った。

 2RもMOMOTAROが変則的に動きながら左ハイを軽く当てる。笹羅はパンチから組んでのヒザ蹴り。MOMOTAROはヒジを繰り出す。

 3R、MOMOTAROは前蹴りを多用し、いいタイミングで放って笹羅を押し返す。パンチの笹羅、蹴りのMOMOTAROという展開が続く。

 4R、前蹴りで笹羅を突き飛ばして飛びヒザ蹴りを放つMOMOTARO。

 余裕が見え始めたMOMOTAROを、笹羅の左フックが強襲。一気に前に出る笹羅。しかし、MOMOTAROもそれ以上は攻めさせない。

 5R、MOMOTAROが首相撲に持ち込み、お互いにヒジとヒザで攻める。打ち合いとなったところでMOMOTAROの左縦ヒジが笹羅を流血に追い込む。ドクターチェックで笹羅は試合続行不可能と判断され、レフェリーストップでMOMOTAROがTKO勝ち、新王座に就いた。


リベンジに燃える悠矢(右)がパンチをもらっても前に出続けて勝利を奪った

▼第6試合 WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王座決定戦 3分5R
○悠矢(大和ジム/NJKFスーパーフェザー級王者)
判定3-0 ※50-47、49-47、49-48
●皇治(SFK/HEATライト級王者、初代TRIBELATEスーパーフェザー級王者)
※悠矢が新王座に就く。

 両者は2013年12月、HEATライト級王座決定トーナメントの決勝戦で対戦しており、その時は皇治が延長戦の末に接戦を制して王座に就いている。今回はWBCムエタイ日本王座を懸けての再戦となった。

 1R、前に出るのは悠矢だが、皇治が右ストレートを巧みにヒットさせる。パンチの打ち合いでは左フックもクリーンヒット。

 2Rも悠矢は皇治の右ストレート、右フックを被弾する場面が目立つ。しかし、終盤には悠矢がコーナーへ詰めてパンチをまとめ打ちした。

 3Rになると悠矢は右ローを多く蹴る。皇治はそれに左右フックを返す。皇治の左フックで悠矢が仰け反る場面もあったが、悠矢の右ローが効果的に決まる。

 4Rは悠矢のフックが当たる場面が目立ち始めた。皇治は表情にやや疲れが見える。悠矢は前に出てパンチと右ローで攻撃し続けた。

 5Rは両者とも打ち合う。手数が多く、前に出ているのは悠矢。しかし、皇治は左フックで悠矢を大きく仰け反らせる。最後は足を止めて両者が打ち合い。思い切り振り回すパンチを交錯させた。

 判定は終始前に出た姿勢が評価されたか、3-0で悠矢が勝利。NJKF王座に続き、WBCムエタイ日本王座のベルトを巻いた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧