TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】アランチャイが大和哲也をダウンさせ、WBCムエタイ世界王座奪う

2015/09/27(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

左右のミドルキックでペースを握った知花(左)

▼第5試合 WBCムエタイ日本統一バンタム級王座決定戦 3分5R
○知花デビッド(ワイルドシーサー群馬/INNOVATIONバンタム級王者)
判定3-0 ※50-49、49-48、49-47
●前田浩喜(CORE/NJKFバンタム級王者)
※知花が新王座に就く。

 INNOVATION王者・知花とNJKF王者・前田の王者対決で、WBCムエタイ日本統一バンタム級王座決定戦が行われた。

 1Rはミドルの蹴り合いとお互いにミドルを空振りさせると、軸足をローで蹴る。

 2R、サウスポーの前田は右へ回り込みながら左ストレートを当てていき、知花は右ミドルを蹴り返す。

 3R、知花が右ミドルを蹴りながらヒジも狙う。前田は左ミドルを蹴りつつ左ストレート狙い続ける。

 4Rも変わらないペースで両者はミドルとローを蹴り合う。知花はクリーンヒットを奪えずとも手数が多い。右ミドルでは完全にペースを握る。

 5R、知花が前へ出てワンツー、右ミドルで積極的に攻めていく。両者の飛びヒザ蹴りが空中で衝突し、前田は尻餅をついてしまう。さらに右ミドルを蹴られても蹴り返せず、知花が判定勝ちでタイトルを獲得した。


 

フライ級6冠王・加藤が現役生活に別れを告げた

▼加藤竜二引退エキシビションマッチ
ー加藤竜二(橋本道場/MA日本フライ級王者、WBCムエタイ日本&インターナショナルフライ級王者、REBELS 52.5kg級王者、INNOVATIONフライ級王者、WPMF日本フライ級王者)
勝敗なし
ー小宮山工介(北斗会館/前RISEスーパーフェザー級王者)

 合計6本ものベルトを巻いた加藤が引退を迎えた。エキシビションマッチの相手は、少年空手時代から交流のあるBLADE FC JAPAN CUP -61kgトーナメント王者・小宮山工介が務めた。

 1R、両者は後ろ回し蹴り、カカト落としなど空手仕込みの蹴り技で応酬。

 2Rのラスト1分では、加藤が自分の顔を叩き“打って来い”と挑発し、ノーガードで顔面を打たせてからパンチで反撃した。

 加藤は「ここまで来れたのは皆さんのおかげです。今まで本当にありがとうございます。これからは後輩の育成、そして宮元啓介をバックアップしていきます」と挨拶。10カウントゴングを聞き、26歳の若さで現役に別れを告げた。生涯戦績は28勝(15KO)4敗2分。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧