TOP > 試合結果 一覧

【蹴拳】工藤勇樹、韓国新鋭をKOで下し初戴冠

2015/10/25(日)UP


▼第13試合 蹴拳ムエタイ 日タイ国際戦 63.7kg契約 3分3R延長1R
○ペットナムエック・ワイズディー(タイ/Y’ZD)
判定3-0 ※29-28、30-29、30-29
●平野将志(インスパイヤードモーション/蹴拳ムエタイ・スーパーライト級王者)

 平野は蹴拳タイトル獲得後、初の試合。キャリア初のタイ人選手との試合を迎えた。1Rから平野は左ローをこつこつ当て、ペットナムエックは右ミドルを返していく。2Rには、平野の左ストレートがクリーンヒットも、ペットナムエックは組んでダメージをごまかす。

 3R、プレッシャーを強めるペットナムエックはパンチ連打。平野もこれに応戦する。ペットナムエックはヒジ、さらに右ミドルを的確に入れ、判定勝ちした。


 


▼第12試合 蹴拳ムエタイライト級 3分3R延長1R
○コンゲンチャイ・エスジム(タイ/エスジム/元ルンピニースタジアム認定スーパーバンタム級3位)
延長判定3-0 ※三者とも10-9 
●ツヨシM16ムエタイスタイル(M-16ムエタイスタイル/元WPMF日本ライト級王者)

 コンゲンチャイは増田博正、翔・センチャイジムにヒジでのTKO勝ちを収めている元ルンピニーランカー。

 1R、ツヨシが右ミドル主体の攻め。プレッシャーをかけらるコンゲンチャイはロープを背にしながら攻撃を返す。

 3Rには、コンゲンチャイが右ミドル、こかしで優勢アピールし本戦はドロー。延長Rでは、コンゲンチャイのミドルに合わせてツヨシが右ストレート。ミドルを的確に入れていくコンゲンチャイが接戦を制した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧