TOP > 試合結果 一覧

【新日本キック】江幡塁、元ラジャランカー撃破でランキング入り

2016/03/13(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


▼第8試合 73.5kg契約 日タイ国際戦 3分3R
△斗吾(伊原道場本部/日本ミドル級王者)
ドロー 判定1-0 ※29-29、30-28、29-29
△ヨードチャット・プーケットトップチーム(タイ/元アマチュアボクシングタイ・ミドル級王者)

 大振りの左右フックで会場を沸かせるヨードチャットに対し、斗吾はロー、右フック。

 2R、斗吾がパンチで攻めると、ヨードチャットは組み付いてヒザをこつこつと当てて行く。斗吾は左ボディをヒットさせ下がらせると左ミドルにつないでボディ攻め。

 3Rも、斗吾はボディブローで追い込むが、ヨードチャットは組み付いて攻めさせない。お互いに決定打なく、ドローに終わった。


▼第7試合 日本バンタム級次期挑戦者決定戦 3分3R
○勝岡 健(伊原道場稲城支部/日本バンタム級5位)
判定3-0 ※三者とも29-28
●HIROYUKI(藤本ジム/日本バンタム級1位、前日本フライ級王者)
※勝岡が王座挑戦権を獲得

 1R、HIROYUKIがワンツー、右ミドルで主導権を握ったかに見えたが、2Rには勝岡が左右フックを振り回し応戦。HIROYUKIはヒジを返していくが、右フックをもらいダウンをしてしまう。

 3R、巻き返しを狙うHIROYUKIは右ストレートからパンチ連打で追い込み、勝岡を棒立ちにさせたが時間切れ。ダウンの差は大きく、勝岡が判定勝利し、瀧澤博人が保持する王座への挑戦権を獲得した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧