TOP > 試合結果

【J-NETWORK】木村秀和が初回KOで決着戦制す、初防衛に成功

2016/05/05(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

KO率8割を超える強打者・武来安(右)を森(左)が破った

▼第11試合 ライトヘビー級 3分3R
○森孝太郎(リアルディール/RISEミドル級8位)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●武来安(ぶらいあん/上州松井ジム/J-NETWORKライトヘビー級2位)

 1R、サウスポーの森がパンチとヒジを的確に当てていき、ブライアンの強打はかわしていく。

 2R、森はブライアンの機先を制するような前蹴り、左右のストレート、接近するとヒジ、ヒザと圧倒的に攻撃を当てていく。ブライアンもパンチ、組み付くとヒザを蹴るが、森に距離を制されている。

 3R、ブライアンはうなり声をあげながら左右の強打で前へ出て行くが、森が的確にパンチを当てていくのが目立つ。接近するとヒザ。上手く戦った森が判定勝ちを収めた。


将来が大いに期待される15歳の新鋭・寺山(左)がデビュー戦で勝利を飾った

▼第9試合 47kg契約 2分3R
○寺山日葵(TEAM TEPPEN)※デビュー戦
判定3-0 ※30-28、30-27、30-27
●C-CHAN(T-GYM)

セコンドには那須川天心(右)が就いた

 寺山は昨年2月の『J-GIRLS』で行われたアマチュア賞金1DAYトーナメントにて、決勝でKO勝ちするなどぶっちぎりの強さで優勝。ISKA世界&RISEバンタム級王者・那須川天心(TARGET)の父親・那須川弘幸氏が代表をつとめるTEAM TEPPENで練習を行い、数々のアマチュア大会で好成績を収めてきた15歳の女子高生ファイターである。アマ時代からそのテクニックの評価が高く、今回満を持してのプロデビュー戦となった。

 1R、寺山は前蹴りで突き放しながら右ミドル、右ストレートで前へ出る。左のパンチ、蹴りを交えつつ右の攻撃を次々と当てていく。

 2Rも同様の展開で前に出るのは寺山。C-CHANはパンチを出すが勢いに押されて下がり続ける。

 3RはC-CHANがパンチとローで前へ出る。手数を増やすC-CHANだが、寺山は左手で押さえつけての右ストレート。これを繰り返して試合終了。判定3-0で寺山がデビュー戦を白星で飾った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果