TOP > 試合結果 一覧

【正道会館】極真会館とのワンマッチ対決は1勝1分

2016/09/05(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

地主(右)と宮野(左)のエキシビションはお互いの持ち味が出た

▼空手スーパーファイト 第2試合 正道会館ルール2分2R エキシビションマッチ
-宮野孝裕(宮野道場)
勝敗なし
-地主正孝(正道会館 総本部)

 他流派初の極真(現・新極真会)ワールドカップチャンピオンの宮野が正道会館の業師・地主と対戦。

 地主は得意のつかみからの攻撃を仕掛け、数度宮野が転倒するも、2Rには宮野が崩し技を放ち地主が転倒。宮野の得意の膝蹴りも随所で見られ、お互いの持ち味が出たエキシビションマッチとなった。


土井(右)がつかんでの膝蹴りを突き上げる

▼空手スーパーファイト 第3試合 正道会館ルール 3分2R
○土井一央(正道会館 総本部)
判定勝ち 判定5-0
●山下敦央(空手道ひとり)

 正道会館全日本大会優勝経験のある195㎝の土井が、他流派・空手道ひとりの山下と対戦。

 序盤から土井の蹴りで山下の体が揺れるシーンが目立つ。中盤からは土井の左下段回し蹴りが決まり、山下の動きが止まる。2R目も土井の下段回し蹴りやつかんでの膝蹴りが決まり、山下が棒立ちになるシーンも。

 実績で勝る土井が貫録の勝利を収めた。

※全日本ウエイト制選手権大会(階級別トーナメント)はこちら 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧