TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】梅野が圧倒KO勝ちでWBCムエタイ世界王座V2

2016/09/17(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

小田巻(右)をフルマークの判定で下した杉(左)

▼第6試合 ミネルヴァ・スーパーバンタム級王座決定戦 3分3R延長1R
○杉貴美子(TenCloverGym/元J-GIRLSフライ級王者)
判定3-0 ※三者とも30-28
●小田巻洋子(WSR池袋/UKF女子イーストアジアバンタム級王者)
※杉が新王座に就く。

 美優美が返上したミネルヴァ・スーパーバンタム級のベルトを、小田巻と杉が争った。カード発表時には、杉が「そのカワイイ顔を自分のパンチで殴って倒したいと思います」と言えば、小田巻は「私はムエタイスタイルなのでパンチが届かない距離で主導権を握って頑張ります」と返した。

 1R、小田巻は組んでのヒザ蹴りに持ち込む。杉は組まれ際に右フック。大きな動きはなく終わる。

 2R、小田巻は前蹴り、ミドルから組みつきにいくが、杉がそこでパンチを入れる。1Rよりも杉のパンチが多く入り、杉が優勢。

 3R、杉の3連打が決まる。組もうとする小田巻へ次々とパンチを当てる杉。右フックが特に命中し、杉が判定勝ちで王座を獲得した。

 杉は「かなり対戦相手が重たかったです。パワー負けしないように頑張りました。多分みなさん、私がKO勝ちするのを見たかったと思います。次は下の階級を獲りたい。二階級獲りたいです」と、次はバンタム級王座に挑戦したいとアピールした。


小椋(右)も右ミドルを見舞う新人(左)

▼第5試合 NJKFフェザー級 3分3R
○新人 (E.S.G/NJKFフェザー級1位)※阿羅斗改め
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●小椋光人 (拳之会/NJKFフェザー級4位)

 2Rに新人が左の蹴りとヒジでペースを握る。ヒジで小椋の頭部をカットし、パンチで前に出る小椋へ左ハイを見舞う。3Rは新人が右ミドル、ヒザ、ヒジで圧倒。新人が勝利した。 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧