TOP > 試合結果

【M-ONE】K-1から凱旋したゴンナパーがKO圧勝

2016/09/25(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

中向(右)が津橋(左)との王者対決を制し、二冠王となった

▼第13試合 メインイベント WPMF日本スーパーフェザー級王座決定戦 3分5R
○中向永昌(STRUGGLE/WPMF日本スーパーフェザー級3位)
判定3-0 ※50-48、49-48、50-48
●津橋雅祥(エスジム/WPMF日本スーパーフェザー級5位/蹴拳ムエタイ同級王者)
※中向が新王座に就く。

※この試合の動画(3Rからノーカット)はこちら
 

 MA日本同級王者・中向と蹴拳ムエタイ同級王者・津橋、王者対決によってWPMF日本王座決定戦が行われた。

 1R、中向は右、サウスポーの津橋は左のミドル&ローを蹴り合う。首相撲になると中向が先手を取ってヒザ蹴りとコカし技、津橋はヒジを放つ。

 2R、津橋が飛びヒザ蹴りをヒットさせる。中向は右ストレートと組み付いてのヒジ&ヒザ。津橋が離れた距離から左ストレートを当てれば、中向は右ミドルを蹴り返す一進一退の攻防に。

 3Rは首相撲勝負。中向がヒジ、ヒザを叩き込んでいく。特にヒザ蹴りが連続ヒットし、津橋を圧倒。さらには、津橋がミドルを蹴ってきたところで軸足を払い、豪快に転倒させる。終盤もパンチ、ヒジ、ヒザで中向が追い込んだ。

 4R、津橋がパンチ連打で前に出るが、中向の右ストレートで後退する。その後もパンチで攻めようとする津橋を中向が首相撲に捕まえてのヒザ蹴り連打。

 5Rもパンチから中向が首相撲&ヒザ蹴りに持ち込む。組まれることを警戒するためか、ワンツー連打も喰らってしまう津橋。

 右ストレートとハイキックで逆転を狙う津橋だが、やはり首相撲に捕まって劣勢に。最後は中向がダメ押しで津橋を転倒させ、判定勝ちで二冠王に輝いた。

※この試合の動画(3Rからノーカット)はこちら
 


 

潘(左)がタイミングのいい右ローを何度もヒットさせてパンチのNOBU(右)を制した

▼第12試合 セミファイナル WPMF日本スーパーライト級王座決定戦 3分5R
○潘 隆成(クロスポイント吉祥寺/WPMF日本スーパーライト級6位)
判定3-0 ※49-48、49-48、50-47
●NOBU BRAVERY(BRAVERY GYM/WPMF日本スーパーライト級4位/MA日本同級王者)
※潘が新王座に就く。

※この試合の動画(ノーカット)はこちら
 

 1R、最初から強いローと右ロングフックで積極的に攻めるNOBU。潘もローを蹴り返していくが、パンチまでつなげるのはNOBUの方だ。パンチに後退する潘だがタイミングよく右ローを蹴っていく。

 2Rもタイミングよく右ローを当てていく潘。NOBUのローはしっかりカットする。前に出るNOBUをジャブと前足への前蹴りで止める潘。NOBUもパンチで前へ出て行く。

 3R、NOBUが右ストレートを連続ヒットさせて優勢に。潘はプッシュして右ロー、NOBUが組み付いてくるとコカす。さらにヒジ打ち、離れ際に左ハイキックと逆襲。NOBUも負けじと打ち合いを挑む。

 4R、潘の右ローと前蹴りに手を焼くNOBUだが、右ロングフックはヒットさせる。前に出るNOBUと巧みに距離を取る潘。

 5R、勝負に出たNOBUがパンチのコンビネーションで激しく前に出るが、NOBUはジャブと左右ロー。潘はNOBUのパンチをもらいながらも、蹴り足をキャッチして引っくり返す。潘は前蹴りと左ミドルでNOBUの前進を阻むが、それでもNOBUはパンチを打って前へ出る。

 お互いに攻め合う好勝負は潘が判定勝ち。新王座に就いた。

※この試合の動画(ノーカット)はこちら

●次ページは一戸総太引退試合、 Little Tiger vs COMACHIのタイトルマッチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」、「」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果