TOP > 試合結果 一覧

【新日本キック】江幡塁、ラジャダムナンで敗れたセーンピチットにリベンジ成功

2016/10/23(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

現役ラジャダムナンランカーとドローに終わった緑川(右)

▼第9試合 トリプルセミファイナル 日タイ国際戦 70kg契約 3分5R
△緑川 創(藤本/前日本ウェルター級王者)
ドロー 判定1-1 ※48-49、49-49、49-48
△シップムーン・シットシェフブンタム(タイ/ラジャダムナンスタジアム・ウェルター級2位、オームノーイスタジアム・ウェルター級王者)

 前回5月大会でラジャダムナンスーパーウェルター級8位パッカオを4RKOした緑川が、今回はラジャダムナンの上位ランカーと激突した。

 1R、右インロー、ボディストレートと次々と攻撃を当てる緑川に、シップムーンは左ハイを当て、回転ヒジも繰り出す。

 3R、左右のローを散らす緑川はボディへの攻撃も交ぜていく。プレッシャーをかける緑川に、シップムーンは左ミドルをテンポよく当て譲らない。5Rも緑川がパンチで攻めるが、シップムーンはヒジ・左ミドルを返していく。お互いに決定打はなく、ドローに終わった。


ターレーグンにリベンジを果たした重森(右)

▼第8試合 日タイ国際戦 57.5kg契約 3分5R
○重森陽太(伊原道場稲城支部/日本フェザー級王者)
判定2-0 ※50-48、49-47、49-49
●ターレーグン・ポー.アーウタレーバーンサレー(タイ)

 江幡塁と同じ5月のラジャダムナン遠征でターレーグンと対戦し、判定負けを喫している重森がリベンジ戦。お互いに慎重な試合運びの中、ラウンドが進むに連れて重森が手数を増やし、4Rには重森が左ローを効かせる。

 嫌がるダーレーグンは左右のミドルで反撃するも、重森はパンチのラッシュを見せ反撃する。最終R、流しに出るダーレーグンに最後まで攻める重森が判定2-0で勝利しリベンジ成功。マイクではラジャダムナン王座挑戦をアピールした。


 

▼第7試合 トリプルセミファイナル 日タイ国際戦 63kg契約
○勝次(藤本ジム/日本ライト級王者)
判定3-0 ※三者とも30-28
●トック・タック・トップキング(タイ/CRAZY WOLF/元タイ南部ライト級王者)

▼第6試合 70kg契約 3分3R
○喜多村誠(伊原道場新潟支部/日本ミドル級王者)
TKO 3R2分18秒 ※レフェリーストップ
●ジャントーン・エスジム(カンボジア/エスジム)

▼第5試合 58kg契約 3分3R ※ヒジなし
○高橋亨汰(伊原道場本部/日本フェザー級8位)
判定3-0 ※30-27、30-28、30-28
●角☆チョンボン(CRAZY WOLF/KAISERスーパーフェザー級王者)

▼第4試合 ウェルター級 3分3R ※ヒジなし
△大槻翔太(伊原道場本部/同級3位)
ドロー 判定1-0 ※28-28、28-27、28-28
△ツトム(TIA辻道場)

▼第3試合 ライト級 3分3R
△ジョニー・オリベイラ(ブラジル/トーエルジム/同級4位)
ドロー 判定1-0 ※30-30、30-29、29-29
△渡邉涼介(伊原道場新潟支部)

▼第2試合 ライト級 3分2R ※ヒジなし
△熊井亮介(伊原道場本部)
ドロー 判定1-0 ※19-19、20-19、20-20
△TASUKU(CRAZY WOLF)

▼第1試合 ライト級 3分2R
○松崎祐樹(トーエルジム)
判定3-0 ※三者とも20-18
●中田憲四郎(藤本ジム)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧