TOP > 試合結果

【J-NETWORK】ミドル級王者・吉野健太郎、元ルンピニー王者をヒジで秒殺

2018/05/06(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

最後は森(右)が工藤(左)にパンチを浴びせ続けてTKO勝ち。見事、ベルトを巻いた

▼第8試合 J-NETWORKバンタム級王座決定戦 3分5R延長1R
○森 貴慎(トイカツ道場/J-NETWORKバンタム級1位 J-NETWORK2016年度同級新人王)
TKO 延長R1分20秒 ※レフェリーストップ
●工藤“red”玲央(TEAM TEPPEN/J-NETWORKバンタム級6位)
※本戦は判定1-1(48-49、49-48、48-48)
※森が新王者に

 当初、J-NETWORKバンタム級王者・小嶋勇貴が防衛戦を行う予定だったが、諸事情により王座を返上。これにより次期挑戦者決定トーナメント決勝戦とした森と工藤が対戦した。

 1R、森は左ミドル、右ストレート。連打を被弾する工藤だが、前に出て右ストレートを返す。

 2Rも左ストレートからの連打をもらう工藤。3Rになると手数の減った森だが、ヒジによるカットを呼び込む。劣勢を強いられながらも工藤は4R、ひたすら前に出続ける。疲れからか、森は5Rにはひたすら下がるのみとなり、工藤は右ストレート、右ハイを当てぐらつかせると一気にラッシュ。

 本戦とはドローとなり、延長戦へ。ひたすら前に出る工藤に、森は右ストレートでダウンを奪う。森がラッシュを仕掛けると工藤は棒立ちとなり、レフェリーがストップ。森がTKO勝利で念願のベルト獲得を果たした。


激しく打ち合う金田(左)と清水(右)

▼第6試合 スーパーウェルター級 3分3R
○清水 武(sbm/J-NETWORKスーパーウェルター級1位 初代&第3代WPMF日本同級王者)
判定3-0 ※30-29、29-28、29-28
●金田大嵩(インフィニティ)

 1R、左右ローを出しながらプレッシャーをかける清水に、金田は右ストレートからの連打をヒットさせ五分の展開。2R、手数の減った金田に、清水は首相撲を仕掛けロー、パンチでも攻める。3R、清水が左ミドル主体の攻めで最後まで追い込み判定勝ちした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果