TOP > 試合結果 一覧

【ONE】のび太が激闘の末に宿敵から王座奪回

2018/05/12(土)UP

前K-1 WORLD GPヘビー級王者プラチバット(左)を圧倒したマスロボイェフ(右)

▼ONE Super Series キックボクシングルール 95.0kg契約 3分3R
○セルゲイ・マスロボイェフ(30=リトアニア/KOK -93kg級王者)
判定3-0
●アントニオ・プラチバット(24=クロアチア/元K-1 WORLD GPヘビー級王者)

 今年4月から新たにスタートしたONEの立ち技シリーズ戦「ONE Super Series」に、元K-1 WORLD GPヘビー級王者プラチバットが初参戦。リトアニアの強豪マスロボイェフと対戦した。

 プラチバットは昨年11月のK-1 WORLD GP初代ヘビー級王座決定トーナメントで優勝。しかし、今年3月の初防衛戦でロエル・マナートに敗れて王座から陥落した。今回、初参戦のONEが再起の舞台となる。

 対するマスロボイェフはヨーロッパの大会を中心にキャリアを積み、母国リトアニアのKing of King(通称KOK)で2015年11月に-93kg級の王座を獲得して現在も保持。今回対戦するプラチバットには2016年2月にTKO勝ちを収めている。

 1R、マスロボイェフがワンツーや左右フックから右ローにつなげる攻め。プラチバットの前進に合わせてマスロボイェフは強烈なテンカオも突き刺す。早くも右ローを効かされたプラチバットだが、負けじと前に出て飛びヒザ蹴り、さらにワンツーから右ロー&ミドルのコンビネーションで応戦する。

 2R、ワンツーから右ハイを飛ばすプラチバット。直後にマスロボイェフが首相撲から顔面ヒザ蹴りの連打を突き上げるが、ここでプラチバットが二段の飛びヒザ蹴りをヒットさせる。

 勢いに乗りたいプラチバットであったが、マスロボイェフの重たい右ローで削られペースダウン。終盤にはマスロボイェフのパンチラッシュで、プラチバットはケージを背負い続ける。

 3R、マスロボイェフの右前蹴りに合わせて、プラチバットは右ストレートをねじ込もうとするが、これが下腹部に直撃。マスロボイェフにはダメージ回復のためのインターバルが取られる。

 試合が再開されると、プラチバットの右ストレートに合わせてマスロボイェフが右ミドル。さらにボディにヒザ蹴りも効かされて後退するプラチバットに対し、マスロボイェフはパンチのコンビネーションをまとめる。プラチバットはふらつきながらも何とか試合終了まで持ち堪えた。マスロボイェフがプラチバットを圧倒し、判定3-0で返り討ちにした。


バックマウントから鉄槌を落とす山田(上)

▼72.0kg契約 5分3R
○山田哲也(28=TIGER MUAYTHAI/元ZSTウェルター級王者)
一本 1R 3分00秒 ※リアネイキドチョーク
●エリック・ケリー(36=フィリピン)

 元ZSTウェルター級王者の山田は、今年3月のONEでロシアの強豪サギド・グセン・アスラナリエフに一本負けし、今回が再起戦。対戦相手のケリーは2011年9月のONE旗揚げ大会から参戦しているベテランだが、現在4連敗中という苦しい状況だ。

 1R、打撃戦から山田がケリーの右ミドルをキャッチしてテイクダウンに成功。すぐにバックマウントを奪った山田は左右パンチを落とし、亀の状態になったケリーの背後からチョークを仕掛ける。これがしっかりと極まりケリーはタップ。山田が再起戦を盤石の一本勝ちで飾った。


▼ストロー級 5分3R
○ステファー・ラハディアン(インドネシア)
一本 1R 2分25秒 ※リアネイキドチョーク
●ヒマンシュ・カウシック(インド)

▼ミドル級 5分3R
○レアンドロ・アタイデス(ブラジル)
TKO 3R 2分41秒
●ヴィタリー・ビッグダッシュ(ロシア)

▼女子アトム級 5分3R
○プリシラ・ヘルタティ・ルンバンガオル(インドネシア)
一本 1R 2分27秒 ※ギロチンチョーク
●ローム・トリニダド(フィリピン)

▼フェザー級 5分3R
○ソル・セイ(カンボジア)
判定3-0
●ヴィクトリオ・センドゥク(インドネシア)

▽プレリム

▼ONE Super Series ムエタイルール バンタム級 3分3R
○オグニエン・トピッチ(セルビア)
判定3-0
●ステレゴス・ミッキオス(ギリシャ)

▼バンタム級 5分3R
○ラディーム・レイマン(シンガポール)
一本 1R 1分19秒 ※リアネイキドチョーク
●タン・デ・アン(中国)

▼フライ級 5分3R
○エリピトゥア・セレガル(インドネシア)
一本 1R 3分59秒 ※リアネイキドチョーク
●ドディ・マーディアン(インドネシア)

▼ストロー級 5分3R
○リスキ・ウマー(インドネシア)
一本 2R 1分22秒 ※リアネイキドチョーク
●ドゥアン・ビラワ(インドネシア)

●編集部オススメ

・のび太がプロ初黒星で王座陥落

・のび太が敵地で世界王座奪取

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧