TOP > 試合結果 一覧

【JTA】戦う消防士・八幡直明が王座返り咲き、女子は前根奏子が連覇達成

2018/11/24(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

クラシックバレエで培った身体の柔軟性を生かした蹴りで、連覇を達成した前根(左)

▼A級女子組手無差別級決勝戦
●福島良菜(16=福岡筑紫野テコンドー倶楽部)
判定3-0 ※三者とも10-9
〇前根奏子(24=横浜鶴見テコンドークラブ)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 女子では、主催の日本テコンドー協会でいま最も注目されている高校2年生の福島が快進撃を見せた。昨年はB級女子組手無差別級を制し、今年はA級に初出場。初戦で2014・2017準優勝の高伶香、準決勝では2012~2014年三連覇の市坪愛と歴代の強豪を破り、決勝戦へ勝ち上がった。

 そこで福島の前に立ちはだかったのは、2015・2017年王者の前根。テコンドーを大学1年で始める前はクラシックバレエを学んでおり、バレエで培った柔軟性を生かした蹴りで2015年の初優勝では絶対女王として君臨していた市坪の4連覇を阻止した。

優勝を喜ぶ前根(中央)

 前根は身長166cm、56kg。福島は153cm、46kg。体格差から来るパワーや技のダイナミックさの差はいかんともしがたく、福島が蹴りを出すとその上空から前根の蹴りが落ちてくるという具合だ。後ろ横蹴りを中心に体格差を打破しようと奮闘する福島だったが、前根が貫録を見せつけるかのような上段回し蹴り、後ろ回し蹴りで福島を転倒させ、本戦で決着をつけた。

3年連続で大会MVPを受賞した福島

 日本テコンドー協会・河明生会長の「連覇してこそ真の王者」の言葉通り、前根は3度目の優勝で連覇を達成。まだ24歳と若く、さらなる連覇が期待される。

 また、組手では準優勝に終わったものの、福島は同日に行われた蹴武型団体戦で3連覇、男女混合A級蹴武型でも3連覇を達成し、3年連続の大会MVPを受賞した。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

●編集部オススメ

・男子は消防士、女子は大学主将が初優勝=2016年

・天才テコンドー美少女・福島良菜が2年連続三冠王でMVP=2017年

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧