TOP > 試合結果 一覧

【バンゲリングベイ】KOICHI追悼マッチでパコム・アッシが桜木をKO

2019/03/12(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

中村(右)が林(左)との接戦を制した

▼第4試合 68kg契約 2分2R
〇中村雅人(32=世界一周学校校長)
判定2-0 ※20-19、20-20、20-19
●林舟之輔(32=インバウンドテクノロジー株式会社代表取締役)

 キャンピングカーによる移動式学校「世界一周学校」の校長を務める中村と、外国人専門人材派遣会社インバウンドテクノロジーの代表である林の一戦。
ビジネスのリングでは世界に意識を向けている両者、今回は仲間の想いを胸に縁のリングへと立つこととなった。

 両者ともに気持ちの伝わる好ファイトとなり、最後まで諦めない、譲らない一戦は、意地と意地のぶつかり合いとなり中村に軍配が上がった。きっとこのリングで得た経験は、お互いの世界基準を持ったビジネスのリングへと活かされるに違いない。


大接戦となった藤枝(右)と奥本(左)の一戦

▼第3試合 70kg契約 2分2R
△奥本敬介(41=ヒューマンシーン株式会社代表取締役)
ドロー 判定1-0 ※20-19、20-20、20-20
△藤枝祐太(43=株式会社FM代表取締役)

 営業部門の人材派遣事業などを行うヒューマンシーンの代表を務める奥本と、高級焼肉「芝浦」のオーナー、肉師・藤枝の一戦。

 両者ともに気持ちが伝わる熱戦となり、大歓声に包まれながら終了のゴングが鳴らされた。リング上では「減量があって焼肉は食べないと言ったが本当は焼肉大好きです」という奥本に対して「美味しいお肉を焼きますよ、闘ってくださりありがとうございました」と藤枝も返した。健闘を讃えあい敬意を払う、お互いの人格を感じさせてくれる幕切れとなった。


フルラウンドで打ち合った熊崎(左)とヒル(右)

▼第2試合 78kg契約
〇熊崎孝彦(29=有限会社ジェラード次期店長候補)
判定3-0 ※三者とも20-18
●ヒル・拳(27=株式会社鶴亀代表取締役)

 2016年大会のメインイベントに登場したテレビショッピングのショップジャパン代表取締役社長ハリー・A・ヒルを父に持ち、自身でも飲食業を開業したばかりの若き社長・拳と、有名アメカジブランドで店長候補として日々頑張っている熊崎の一戦。なお、ジェラードの代表である後藤洋平はプロキックボクサーとしてランキング入りを果たし、2016年大会に出場して勝利を飾り引退している。

 そんな二人が送り出した熊崎とヒル・拳の一戦は、お互いの今後が楽しみになるような気持ちのぶつかり合いで、熊崎に軍配が上がった。最後まで諦めずリングに立ち続けた両者には惜しみない拍手が送られた。


秒殺KO勝利した岩佐(右)

▼第1試合 63kg契約
〇岩佐大輝(41=株式会社GRA代表取締役CEO)
KO 1R25秒 ※右ストレート
●外山裕輔(50=株式会社上田トラディション証券 勤務)

 2011年の東日本大震災後、地元・宮城県の復興活動にも専念し一粒1000円のブランドイチゴ「ミガキイチゴ」を生産する農業法人GRA の代表・岩佐と、派手なプライベートもありビジネスでは大手外資証券会社に勤務するというギャップを持つ個性的な外山の一戦。

 チアチームとの派手な入場で登場した外山、さらには試合開始から前に出てリード、しかし劣勢に立たされた岩佐の起死回生のKO劇となった。

 プロ顔負けの入場から試合までを再現した外山に対して、あの状況から展開をひっくり返す岩佐の精神力、第1試合としてこれほどまでにない試合内容となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧