TOP > 試合結果 一覧

【ジャパンキック】旗揚げ戦で外敵の大崎孔稀が石川直樹を圧倒KO

2019/08/04(日)UP

阿部(左)を圧倒した馬渡(右)が新王者に輝いた

▼第11試合 トリプルメインイベント1 JKAバンタム級王座決定戦 3分5R(延長あり)
〇馬渡亮太(治政館/JKAバンタム級1位)
TKO 2R2分24秒 ※右ヒジ
●阿部泰彦(JMN/JKAバンタム級5位)
※馬渡が初代王者に

 馬渡と阿部は2017年11月に対戦しており、その時は馬渡が判定勝ちしている。

 1Rから馬渡が多彩な攻めを見せ、主導権を握る展開。右ローをこつこつ当て、組んでのからの攻防でもヒザ、ヒジで阿部を追い込む。2Rには、馬渡がヒジでダウンを奪うと、さらに右ヒジで阿部を完全KO。馬渡が新チャンピオンに輝いた。


ヒジでのカットで新人(右)にTKO勝ちした瀧澤(左)

▼第10試合 セミファイナル JKAvsNJKF交流戦 フェザー級 3分3R
〇瀧澤博人(ビクトリージム/JKAフェザー級1位)
TKO 2R2分24秒
●新人(NJKF・E.S.G/WBCムエタイ日本統一フェザー級王者)

 1R、右ロー、左ストレートの瀧澤に対し、新人は被弾しながらも前進。新人がヒジをクリーンヒットさせてダウンを奪う。

 2R、逆襲に出る瀧澤がヒジを当て返すとカットに成功。これでドクターストップとなり、瀧澤が逆転TKO勝ちを収めた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧