TOP > 試合結果 一覧

【ジャパンキック】旗揚げ戦で外敵の大崎孔稀が石川直樹を圧倒KO

2019/08/04(日)UP

ジャパンキックボクシング協会(JKA)
「KICK ORIGIN ~ジャパンキックボクシング協会旗揚げ戦~」
2019年8月4日(日)東京・後楽園ホール

フィニッシュとなった大崎の左アッパー

▼第13試合 トリプルメインイベント3 52.5kg契約 3分5R
〇大崎孔稀(OISHI GYM/WMC日本&J-NETWORKスーパーフライ級王者)
KO 3R1分22秒 ※左アッパー
●石川直樹(治政館/JKAフライ級王者)

 新日本キックボクシング協会から加盟ジムの約3分の1に当たる8ジムが独立し、新団体「ジャパンキックボクシング協会」を設立。今年5月12日にプレ旗揚げ興行を行い、この日正式に旗揚げ興行が開催された。

 メインを務める石川は新日本キックにおいて日本フライ級王者として君臨し、2度の防衛を記録。その実績が認められ、JKAフライ級王者に認定された。5月のプレ旗揚げ興行でもメインを務め、儀部快斗にヒザ蹴り連打でKO勝利している。

 対する大崎は名古屋が誇る大崎兄弟の弟で、これまでにWMC日本スーパーフライ級・J-NETWORKスーパーフライ級王座の二冠を獲得。戦績は22戦17勝(12KO)4敗1NCと高いKO率を誇る。

 1R、大﨑は鋭い前蹴りで突き放し、石川の前蹴りには掴んで右ストレートを返していく。石川の得意な首相撲を仕掛けられても、タイ人トレーナーとの日々の首相撲特訓の成果もあり、組み負けない。

 2Rには、大崎の攻撃力が完全に上回る展開。右ストレート、ヒジ、右ロー、ボディブローと攻撃を散らして石川を圧倒。石川は首相撲勝負も、逆にヒザを当たられて万事休す。

 3Rになると、手数を増やす大崎は、組みに来た石川の顔面に右ストレートを当てダウン奪取。立ち上がる石川は首相撲、ヒジで巻き返しに出るが、最後に大崎が石川のヒジに左アッパーを合わせて追加のダウンを奪う。この一発で石川は大の字になり、大崎の圧勝KO勝ちに終わった。


ベルトを巻くも泣きながらマイクを握った直闘

▼第12試合 トリプルメインイベント2 JKAライト級王座決定戦 3分5R(延長あり)
〇直闘(治政館ジム)
不戦勝 ※永澤が計量失敗
●永澤サムエル聖光(ビクトリージム)
※直闘が初代王者に

 永澤は大会当日に脱水症状を起こしドクターストップ。協議の結果、直闘が王者として認定されることとなった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧