TOP > 試合結果

【J-NETWORK】堀口貴博が36歳にしてKO勝利で初戴冠、対抗戦はKOでNJKF野津が勝利

2019/08/13(火)UP

野津がこの飛びヒザ蹴りでダウンを奪いKO勝利

▼J-NETWORK NJKF対抗戦 65kg契約 3分3R ※肘有り
●I-CROW(kick in the door/J-NETWORKスーパーライト級1位)
KO 1R 2分00秒
〇野津良太(ESGジム/NJKFライト級1位/NJKF)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

パンチで襲いかかるI-CROW

 J-NETWORK vs NJKFの対抗戦。I-CROWは鋭いヒジやヒザ蹴りを得意とし、アグレッシブな戦いをする選手。今年の2月大会で4年ぶりにリングに復帰。復帰戦はドローだったものの、5月大会ではKO勝利、9月にスーパーライト級王座挑戦者決定トーナメントに参戦し勝ち上がり12月の王座戦では同級4位の実方拓海に延長R 1-2の僅差で王座に手が届かなかったが、現在J-NET同級1位にランクする。

 対する野津はNJKFライト級1位の選手。BOMにも参戦し首相撲からのヒジ、ヒザを得意とする。

右ローを連打する野津

 1R、開始早々、いきなりパンチで襲いかかるI-CROWに野津は右ローキックを連打。I-CROWがミドルを返すと打ち終わりに即座に打ち込む。圧力をかけ前に出る野津にI-CROWは距離をとり徐々に下がり始めるが、パンチの連打からローに繋げるコンビネーションで積極的に攻める。I-CROWの左フックでぐらつく野津だが、お互いパンチの打ち合いが続く中で野津の右飛びヒザ蹴りがI-CROWのアゴにクリーンヒットしダウン。I-CROWは何とか立ち上がったがレフェリーが試合を止め、野津のKO勝ちとなり対抗戦はNJKF側の勝利となった。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら


パンチを積極的に当てていく浅井(右)

▼J-GIRLS 国際戦フェザー級 2分3R
〇浅井春香(kick box/J-GIRLSフェザー級王者)
判定3-0
●エルナ オブ スエーデン(リアルファイタージム)

※この試合の速報動画(2Rの途中~3R、無料公開)はこちら

 今大会には、当初J-GIRLSフェザー級1位の空手こまち(武心会)が出場予定だったが、こまちが負傷欠場となり、代打として浅井が出場決定した。
 浅井は今年2月に当時J-GIRLSフェザー級王者の空手こまちのタイトルに挑戦し、見事勝利。王者となってから初のJ-NETWORK参戦となる。対戦相手のエルナは、ISKAでK-1ルール世界王者をはじめ四冠に輝いた実績を持つ。長身と長いリーチを武器とするが、浅井はJ-GIRLS王者の貫禄を見せつけたいところだ。

 両者、1Rからアグレッシブなファイトで打ち合う。
 2R、エルナの蹴りに合わせ、パンチをカウンターでヒットさせるなど、浅井が攻勢に転じる。
 3Rも、身長で勝るエルナが前蹴りなどで突き放すが、浅井はローに合わせてパンチを決めて優勢に。判定3-0で浅井が勝利した。

※この試合の速報動画(2Rの途中~3R、無料公開)はこちら


▼J-GIRLS 52.5契約 2分3R
〇YAYA(WSRフェアテックス幕張)
判定3-0
●NA☆NA(エスジム/蹴拳)

▼ライト級 3分3R ※肘有り
●岩橋伸太郎(エスジム/蹴拳)
判定1-2
〇KEN(WSRフェアテックス三ノ輪)

▼62.5kg契約 3分3R ※肘有り
〇ハルク大城(ボスジム/J-NETWORKライト級8位)
判定3-0
●千里kiss Me(安曇野キックの会)

▼バンタム級 3分3R ※肘有り
〇佐藤九里虎(FAITH/RISEバンタム級11位)
判定3-0
●前田伊織(北流会君津)

▼72kg契約 3分3R ※肘無し
〇MARCO(ボスジム)
判定3-0
●篠原アンジェロ(HIDE GYM)

▼スーパーバンタム級2019年新人王トーナメント決勝戦 3分3R(延長1R)※肘無し
〇けんた☆感激!!(エスジム/蹴拳)
試合中止のため不戦勝
●KOTARO(トイカツ道場)

▼53kg契約 3分3R ※肘無し
△HIROKAZU(マッハキックボクシングジムプラス)
判定1-0
△光佑(WSRフェアテックス三ノ輪)

▼フェザー級 3分3R ※肘有り
△MAUA(HIDE GYM/J-NETWORKフェザー級10位)
判定1-1
△山田龍弥(北流会君津)

▼フェザー級 3分3R ※肘無し
●田野倉翔(G1 TEAM TAKAGI)
判定0-3
〇松山 平(リバーサルジム横浜グランドスラム)

●編集部オススメ

・堀口が志樹にKO勝利で再起(記事下段)=2018年12月

・健太が強豪ムアンタイとムエタイルールで激突「バリバリのヤバいの来ました!」

・浅井春香がISKA四冠・エルナと女王対決、堀口貴博vs池田洋将は王座決定戦

・2mの巨人・王者カリミアンが不気味な“破壊予告”「(愛鷹の)試合後の顔を見てほしい」

・元祖アイドルボクサー宮尾綾香が待望の世界王座統一戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果