TOP > ニュース 一覧

【ONE】健太が強豪ムアンタイとムエタイルールで激突「バリバリのヤバいの来ました!」

2019/08/11(日)UP

健太(右)が今年5月以来のONE参戦、強豪ムアンタイと激突(c)ONE

 8月16日(金・現地時間)タイ・バンコク・インパクト・アリーナで開催される『ONE:DREAMS OF GOLD』の対戦カードが発表された。

 日本からは健太(E.S.G)が今年5月のジャカルタ大会以来の参戦。ムエタイの強豪であるムアンタイ・PKセンチャイムエタイジム(タイ)と対戦する。

 健太はKrush-70kg初代王者、現WBCムエタイ日本ウェルター級王者など4冠を持つベテラン。試合間隔を空けずに戦うことでも知られており”月イチ健太”の異名を持つ。今年3月にONEに初参戦。ペットモラコット・ペッティンディーアカデミー(タイ)に判定負けを喫したが、5月のジャカルタ大会ではデイヴィダス・ダニーラ(リトアニア)を2-1の判定で振り切り初勝利を収めている。

健太は勝利を収め再びマッスルポーズを披露することができるか(c)one

 対するムアンタイはムエタイ戦績250戦のうち、198の勝利を収めた強豪。「エルボー・ゾンビ」の異名を持つヒジの名手であり、健太も自身のブログで「バリバリのヤバいの来ました!」と警戒を最大限に強めている。オープンフィンガーグローブでのムエタイルールというムアンタイ有利なルールの中、健太がどう勝利を手繰り寄せるのかに注目だ。

 メインイベントはONE世界キックボクシングフライ級タイトルマッチに決定。王者ペッダム・ペッティンディーアカデミー(タイ)へONE初参戦のイリアス・エナッシ(オランダ)が挑戦する。

ペッダム(右)はキックの強豪エナッシを挑戦者に迎えタイトルマッチに臨む(c)ONE

 ペッダムは元ルンピニー1位のキャリアを引っ提げONEに参戦し、今年5月にONEのタイトルを獲得。今回が初防衛戦となる。対するエナッシはONE初参戦だが、ENFUSION-60kg、BLADE61kg級、WFL-63kg級の世界三冠の実績を持つ強豪。日本のリングへの参戦経験もあり、森井洋介、町田光と対戦。昨年11月の『SHOOT BOXING S-cup 65kg 世界 TOURNAMENT』へも参戦予定だったが、練習中の負傷により欠場した。これまで30戦を超えるキックボクシングのキャリアがあり、ペッダムにとって「キックボクシングのスペシャリスト」との初対戦となる。

 その他、日本からは朴光哲・上久保周哉・澤田龍人が出場。スモーキン・ジョー・ナタウットvsジョルジオ・ペトロシアンのフェザー級キックボクシング・ワールド・グランプリ準決勝、ONE世界女子立ち技二冠王スタンプ・フェアテックスのMMA戦が決定している。

●編集部オススメ

・健太がパパになった責任感でONE初勝利=2019年5月

・三浦彩佳が一本勝ちでONE2連勝

・ペッダムがRISE王者工藤にKO勝ち(記事上段)=2019年2月

・V.V Meiが腕十字を極め、ラウラ・バリンに1Rで勝利

・”破壊神”ロッタンがONE新王者に! ハガティからダウン奪い判定勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧