TOP > 試合結果 一覧

【J-NETWORK】堀口貴博が36歳にしてKO勝利で初戴冠、対抗戦はKOでNJKF野津が勝利

2019/08/13(火)UP

堀口がこのバックハンドブローでダウンを奪った

J-NETWORK
『J-KICK 2019~3rd~』

2019年8月12日(月)東京・後楽園ホール

▼J-NETWORKスーパーフェザー級王座決定戦 3分5R(延長1R)※肘有り
〇堀口貴博(WSRフェアテックス三ノ輪/J-NETWORKスーパーフェザー級1位)
TKO 4R 1分28秒 ※スリーノックダウン
●池田洋将(正心会/J-NETWORKスーパーフェザー級2位)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

右ヒジでも池田をダウンさせた堀口

 堀口は長らく全日本キックのリングでランカーとして活躍していたが、12年3月に引退。17年に復帰すると、18年10月のWPMF日本スーパーフェザー級王座決定戦に挑み、敗れはしたが、同年12月には新鋭の志樹(シルスジム)に3RKO勝ちを収め、未だトップ戦線で戦える実力があることを証明した。8月5日で36歳になったが、初戴冠を狙う。

 対する池田は6月のJ-NETWORKスーパーフェザー級次期王座挑戦者決定戦で眞斗(キックボクシングジムKIX)との大接戦を制し、今回のチャンスを掴んだ。

 試合は1R、堀口は流れるようなワンツーからのバックハンドブローを見せる。その打ち終わりに池田は堀口の顔にパンチを打つ。しかし池田が圧力をかけて前に出ると、下がりながらも自分の距離を保ち冷静に攻撃を仕掛ける堀口はさすがベテラン。

池田をコカして場内を沸かせる堀口

 2Rに堀口は池田の蹴り足を掴んでのコカしを3回連続して見せつけ場内を沸かせる。首相撲から膝蹴り合戦になるが、終盤、池田が首相撲を仕掛けようと両手を前に出して入ってきたところに、堀口はカウンターの右ヒジを見舞いダウンを奪う。
 4Rには堀口が右ハイキックからのバックハンドブローでダウンを取ると、首相撲からのヒザ蹴りで削ってきたのが功を奏したか、その後右ミドルキックで2度ダウンをとり、3ノックダウンで堀口の勝利となった。

 36歳にして初戴冠した堀口は「2004年の8月にデビュー戦して、もうあれから15年経つんですけれども、その間ずっと応援してくれた人もいて僕一人の力ではここまで来られなかったと思っています。今年36歳なので、引退の時期が近いのかどうか正直分かりませんが、引退するその時まで今までと変わらぬ応援を宜しくお願いします」と客席に向かって深々と頭を下げた。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら


森の左レバーブローで中平がダウン

▼J-NETWORKライトヘビー級次期王座挑戦者決定戦 3分3R(延長1R)※肘有り
●中平卓見(北眞館/J-NETWORKライトヘビー級6位)
TKO 2R 43秒 ※ドクターストップ
〇森 孝太郎(NEXT STEPGYM/J-NETWORKライトヘビー級8位)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 中平はフルコンタクト空手をベースに17年12月に『JーNET』でデビュー。以降、『J-NET』と『KROSS×OVER』で7戦6勝6KOと全て1RKO勝ちでここまで来た。
 一方、森はj-networkライトヘビー級3位、RISEミドル級4位のトップランカーで34戦20勝(11KO)12敗2分とキャリアの長い32歳のベテラン選手。

森の左ストレートがクリーンヒット、2度目のダウンを奪う

 1Rから中平の右フックで大きくぐらつく森。そのまま連打を許すがフラフラになりながらも反撃しながら耐える。また中平の1RKOかとも思われたが、森は首相撲からヒザで徐々に中平のボディを削っていく。森のヒザで後退しはじめロープを背にした中平は森の左レバーブローでダウン。立ち上がって再開すると再び打ち合いに。中平のパンチで再びぐらつく森だが、森の左ストレートが顔面にクリーンヒットし再び中平がダウン。すぐに立ち上がると再び中平の猛攻に場内は沸くが間も無くゴング。

 2R、パンチの激しい一進一退の攻防の中、森のヒザ蹴りが中平の急所(金的=反則)にヒットしダウン。レフェリー、ドクターが詰め寄り手当てに当たり金的のダメージは間も無く治るも、鼻からの出血が止まらずドクターストップ。見応えある一戦だったが、激しい打ち合いの結末となった。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

▶次のページはJ-NETWORK NJKF対抗戦、J-GIRLS国際戦ほか

●編集部オススメ

・堀口が志樹にKO勝利で再起(記事下段)=2018年12月

・健太が強豪ムアンタイとムエタイルールで激突「バリバリのヤバいの来ました!」

・浅井春香がISKA四冠・エルナと女王対決、堀口貴博vs池田洋将は王座決定戦

・2mの巨人・王者カリミアンが不気味な“破壊予告”「(愛鷹の)試合後の顔を見てほしい」

・元祖アイドルボクサー宮尾綾香が待望の世界王座統一戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧