TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】“北の最新兵器”ソリホン、粕谷優介をKO&暫定王者に

2019/09/29(日)UP

激しく打ち合う藤野(左)とトラキナス(右)

▼第8試合 女子ストロー級暫定王者決定4人トーナメント1回戦 ストロー級 5分3R
〇藤野恵実(FIGHT FARM/同級1位)
TKO 1R終了時 ※ドクターストップ
●エジナ・トラキナス(ブラジル)

 正規王者ヴィヴィアニ・アロージョがUFC参戦中のため、4人制による暫定王者決定トーナメントが開幕。藤野は昨年8月、アロージョと同王座決定戦で争ったが、TKOで敗れてベルト獲得ならず。今年4月にクセニヤ・グーセヴァを判定で破り再起を果たした。

 対するトラキナスは空手・ムエタイと柔術をベースにし、昨年12月にはフライ級に階級を上げ、ライカに惜敗。今回はストロー級に階級を戻し、王座獲りに向かう。

 1R開始と同時に藤野がパンチで前進し仕掛ける。トラキナスを追い込み金網を背にさせると、激しく打ち合う。藤野はパンチを出しながら両足タックルを仕掛けてテイクダウンも、トラキナスは立ち上がる。再び激しく打ち合いここで終了。

 2R開始も、トラキナスは右手首を負傷したことを訴えると骨折の疑いがあるためにドクターストップ。

 決勝戦行きを決めた藤野は「何がなんでも生き残ると決めていました。絶対私がチャンピオンになるので12月8日、見届けて下さい」とアピールした。


▼第7試合 女子ストロー級 暫定王者決定4人トーナメント1回戦 ストロー級 5分3R
〇チャン・ヒョンジ(韓国)
不戦勝 ※法が計量オーバーで失格
●法DATE(のりデイト/Team DATE)
※ヒョンジが決勝戦に進出


左フックをクリーンヒットさせる田村

▼第6試合 フェザー級  5分3R
〇田村一聖(KRAZY BEE/同級8位/第6代フェザー級K.O.P.)
KO 1R1分25秒
●杉山和史(TURNING POINT MMA/HF/同級11位)

 1R、右インローを当てる田村は左右フックを強振。杉山のストレートを被弾したが、大振りの右フックを当て返して一発KOした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧