TOP > 試合結果 一覧

【Krush】加藤虎於奈が兄レオナ・ペタスと兄弟王者に、山際からダウン奪い快勝

壬生狼が松本日向に競り勝つ
2021/01/23(土)UP

松本日向(右)との接戦を制した壬生狼一輝(左)

Krush実行委員会
『Krush.121』(2P目)
2021年1月23日(土)東京・後楽園ホール

▼セミファイナル(第6試合) Krushバンタム級 3分3R・延長1R
●松本日向(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
判定0‐2 ※30‐30、29‐30、27‐30
〇壬生狼一輝(力道場静岡)

 松本は格闘代理戦争出身で3戦3勝(1KO)と無敗。昨年7月に予定された試合を頭部の怪我で欠場、その後は治療と回復に専念し、ドクターから試合出場OKと診断され、3月以来の復帰戦が決まった。

 対する壬生狼は昨年8月のKrush-EXでK-1 JAPAN GROUPに初登場すると判定勝利を収め、続く11月のK-1福岡大会では元Krush王者の晃貴も下して2連勝。戦績は8戦8勝(2KO)と未だ負けなし。前日会見では毎回、大仁田厚のモノマネで意気込みを語って注目も集めている。

 1Rから右ハイを飛ばす松本に、壬生狼は積極的にパンチ連打をまとめて右ロー。右ストレートで松本に尻もちをつかせるがノーダウン。再開後も、回転の速いパンチ連打で前に出る壬生狼。

 2Rも激しく打ち合う両者。壬生狼の右ストレートがヒットも、松本は細かく左右連打を返してお互いに一歩も退かない。

 3R、左ジャブを突いて右ストレートを当てる壬生狼。回転蹴りも見せていくが、松本はこれを寸前で見切った。接近戦を仕掛け、両者は打ち合いを見せる。ヒット数が若干上回ったか、僅差の判定で壬生狼が勝利した。

<スポンサーリンク>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧