TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】藤野恵実が渡辺彩華との流血戦を制す、平信一は西尾真輔からスリーパーホールドで一本勝ち

フォロー 友だち追加
2022/10/10(月)UP

藤野(左)は渡辺(右)を打撃で圧倒した

パンクラス
『NEO BLOOD! 2』
 2022年10月10日(月・祝)東京・品川インターシティホール
▼メインイベント 第18試合 ストロー級 5分3R
〇藤野恵実(トライフォース赤坂/同級1位)
判定3-0 ※三者共に30-27
●渡辺彩華(AACC)
※ソン・ヘユン(KOREAN TOP TEAM)が怪我で欠場し渡辺に変更

 前ストロー級クィーン・オブ・パンクラシスト藤野と対戦予定だった、韓国の新鋭ソン・へユンが怪我により欠場。代打としてデビュー1戦1勝ながら業界での評価が高い渡辺が藤野と対戦する。

 渡辺は柔道出身でありながら打撃もパワフルで、AACC阿部代表から「本格的に世界を狙える逸材」と評価されている。右のパンチと左ミドル、そして組んだら極める払腰は藤野を驚かせるかもしれない。今回がプロ2戦目で、デビューは20年12月のDEEP JEWELSで1RパウンドでTKO勝利を決めている。

パンチを的確にヒットする
藤野

 1R、渡辺は右ロ―キックで藤野の足を狙う。藤野は左右のパンチを畳みかける。何発も被弾する渡辺だが、動いてかわす。さらにパンチ連打で襲い掛かる藤野。渡辺もパンチを返すが、藤野のパンチで顔が腫れていく。渡辺はバックブローを返した。

 2R、藤野はプレッシャーをかけながら、左右のパンチを当てていく。渡辺は動きながらパンチを返していくも、パンチで削られていく。鼻から出血する渡辺。藤野の容赦ないパンチがヒットする。流血戦となる。

渡辺は鼻から出血しながらも最後まで健闘した

 3R、藤野はパンチを見舞う。渡辺は動いてパンチを返す展開が続く。寝技に持ち込む様子はない。藤野は的確にパンチを当てていく。最後は渡辺が血まみれになりながらも、パンチで反撃する場面もあり、盛り上がる中、試合終了。ゴングが鳴ると、渡辺はその場で座り込んで涙を見せた。

 判定勝利を収めた藤野は、「今日は、試合がなくなりそうだったんですけど、試合を受けていただいた渡辺選手に感謝します。とても強くて、初心を思い出しました。まだ弱くなっていないことが証明できたかと思います。もう一回、チャンピオンを目指して頑張らせてください」とアピールした。

▶次ページは、平 信一 vs.西尾真輔、DARANIvs.余 勇利

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【パンクラス】前王者・藤野恵実の相手ヘユンが欠場、代打は”世界を狙える逸材”渡辺彩華=10.10

・【パンクラス】バンタム級王者・中島太一が初防衛戦!挑戦者TSUNEに「王者の誇りで迎え打つ」=12.25

・【パンクラス】無敗の超新星・鶴屋怜が猿飛流の持つフライ級王座へ挑む「俺がやるしかないだろ」=12.25

・【テレビ・配信】10.10パンクラス『NEO BLOOD!』藤野恵実vs渡辺彩華、平信一vs西尾真輔など生中継、放送、配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧