TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】山田彪太朗、トーナメント優勝!川上叶の王座に挑戦へ

2022/11/22(火)UP

奥村琉奈(右)に左ボディを見舞った風羽(左)

▼第4試合 レデイース スターテイングクラスルール -46kg契約 2分3R延長2R
〇風羽(龍生塾ファントム道場)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-25
●奥村琉奈(OISHI-GYM)

 1Rからお互いに激しく打ち合う中、風羽は組み付くと強引に組み倒す。2Rには風羽がスタンディング肩固めを決めるがキャッチには至らない。

 3R、強引に組み付く風羽はヒザ蹴り。首投げでシュートポイント、さらに肩固めでキャッチポイントも奪う。奥村は組まれてしまい自分のペースに持ち込めない。風羽が判定勝ちした。


弘樹(左)に判定勝ちした山田彪太朗(右)

▼第3試合「SHOOT BOXING CENTRAL フェザー級ワンデートーナメント」次期挑戦者決定トーナメント 一回戦 Bブロック
〇山田彪太郎(シーザージム/SB日本フェザー級2位)
判定3-0 ※三者とも30-27
●弘樹(Y’ZD GYM)
※山田が決勝戦に進出

 1R、山田は左ジャブ、左ミドル、回転の速いパンチで弘樹を追い込むが、弘樹もパンチのコンビネーションで応戦し引かない。左ボディブローもヒットさせる山田は2Rもヒットさせて追い込むが、弘樹は左右フックで前進しタフネスぶりを見せる。

 3R、右アッパー、左ボディ、左右フックと手数で圧倒する山田だが、弘樹は最後まで攻撃を出し続けて反撃。山田は倒し切れなかったが、大差を付けて判定勝ちした。


パク・ヒョンウ(左)をローで追い込む山田彪太朗(右)

▼第2試合「SHOOT BOXING CENTRAL フェザー級ワンデートーナメント」次期挑戦者決定トーナメント 一回戦 Aブロック
〇内藤凌太(BELLWOOD FIGHT TEAM/同級3位)
判定3-0 ※30-27、30-26、30-27
●パク・ヒョンウ(韓国/金提国際エックスジム/MAXFCバンタム級3位)
※内藤が決勝戦に進出

 1R、パンチ主体のパクに対し、内藤の右ロー、右カーフが次々入りパクは露骨に嫌がる。終盤には内藤が首投げを決めてシュートポイントを奪う。

 2Rには内藤がロー連打でコーナーに詰めてダウンを奪う。再開後も内藤がロー主体の攻めで優勢も、パクは異様な粘りを見せてパンチで反撃。

 3R、パンチで前進し続けるパクに、内藤は左三日月蹴り、左右ローを当てるが倒し切れない。パクは左右フック、ジャンピングパンチも見せて最後まで攻め抜く意地を見せたものの、内藤が大差の判定勝ちで決勝戦に駒を進めた。


和田リク(右)が澤田昴青(左)に判定勝ち

▼第1試合 MAX FCコンテンダーズルール 55.0kg契約 2分3R 
〇和田リク(グラップリングシュートボクサーズ)
判定3-0 ※三者とも30-26
●澤田昴青(GONGGYM坂戸)

 1R、前進する澤田に、和田は左ミドルを主体とした攻め。2Rには打ち合いに持ち込む澤田に、和田が右ストレートもヒットさせて優勢を印象付ける。3R、疲れの見える和田を澤田が追い込む場面もあったが、和田がパンチ連打でダウンを奪う。和田が判定勝ち。

●編集部オススメ

・【シュートボクシング】内藤啓人が韓国からの刺客と対戦、フェザー級T一回戦組み合わせ決定=11.20愛知

・【シュートボクシング】魅惑の美脚「SHOOT GIRLS」が新メンバー加え10名に

・注目のラウンドガール雪平莉左が女王様!? 表紙&写真集で”新境地の本気”魅せる

・【RISE&SB】ツヨカワ女王MISAKI、クリスマスに19歳のRISE女王・宮崎小雪との対決が決定

・”ツヨカワ”MISAKI、クリスマスは「勝ってラウンドガールと共に」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧