TOP > 試合結果 一覧

【DEEP】力也がメインで海飛に鮮烈一本勝ち!RYOGAも濱口にアームバー葬

2022/11/23(水)UP

力也(右)がアームバーで鮮烈一本勝ちを収めた

DEEP事務局
『宗明建設 Presents DEEP TOKYO IMPACT 2022 6th ROUND』
2022年11月23日(水・祝)東京・ニューピアホール
▼第9試合 メインイベント DEEP バンタム級5分 2R
〇力也(KING OF LIBERTY)
一本 1R 2分39秒 ※アームバー
●海飛(和術慧舟會 HEARTS)

力也のアームバーでレフェリーストップの瞬間

 力也は13年全日本学生選手権同60kg級優勝、14年のレスリング世界大学選手権グレコローマン59kg級5位などレスリングで輝かしい実績を誇る。19年にパンクラスでMMAプロデビュー。21年は関原翔、日比野“エビ中”純也らに敗北を喫したが、22年は2連勝中で波に乗っている。

 対する海飛は15年に全日本高校生空手道選手権で優勝するなど活躍し、アマチュアキックも経験。MMAではアマチュアトーナメントで優勝するなど輝かしい実績を残した。その後はABEMAの『格闘DREAMERS』にも出演、昨年6月には山口コウタと対戦してギロチンチョークで一本勝ちを収めてインパクトを残している。

勝利した力也

 1R、海飛が飛びヒザ蹴りを放つ。力也は首投げを狙うが失敗。スタンドでは勢いのある打撃を放つ海飛だが、力也が払い腰でテイクダウンに成功。袈裟固めの体勢から冷静にパウンドを打ち込み、最後はアームバーでタップを奪った。

 マイクを持った力也は「フィニッシュ率100%の力也です。まず試合組んでくれて、やってくれるDEEP関係者、(代表)佐伯さんありがとうございます。仲間、家族、スポンサーさんありがとうございます。DEEPを代表して、もう一個上のステージに行きます。ついてきてください」とアピールした。


RYOGA(左)がヒザ蹴りをヒットさせる

▼第8試合 セミファイナル DEEP 60kg 以下5分 2R
〇RYOGA(KRAZY BEE)
一本 1R 3分50秒 ※腕ひしぎ十字固め(アームバー)
●濱口奏琉(パラエストラ和泉)

バックチョークを仕掛けるRYOGA

 RYOGAは柔道をベースに、過去には『THE OUTSIDER』にも出場。21年にDEEPでプロデビュー。ヒロヤや日比野“エビ中”純也を相手に敗北したが、今年10月にはTARKERにTKO勝ちを収めている。

 対する濱口は極真会館で18、19年の国際親善空手道選手権大会高校男子上級65㎏級で連覇を達成。空手家だが、レスリングでも21年7月の西日本学生新人選手権大会でグレコローマンスタイル63kg級で優勝した実績も誇る。今年7月のDEEPでプロデビューし判定勝利を収めている。

勝利を収めたRYOGA(中央)がラウンドガールと記念撮影

 1R、濱口がカーフキックから極真仕込みのハイキック、RYOGAが一気に組み付いて一時的にバックへ回るが、立ち上がりケージ際の攻防。濱口が首相撲からのヒザ蹴り、片足を掴んでテイクダウンを試みるが、RYOGAは耐える。距離が離れると濱口は左ジャブ、RYOGAは思い切り良くワンツーを見舞う。
 するとRYOGAが投げて、濱口を寝かせると、一瞬の隙をついて電光石火の腕十字!

 腕が伸びきった状態の濱口は何とか耐えるが、レフェリーが試合をストップ。RYOGAが圧巻の一本勝ちでインパクトを残した。

▶︎次ページは、泉武志vs.前田啓伍、その他の試合結果

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【DEEP】メインで気合いの力也「極上の試合をお見せしよう」、海飛「派手にKOしたい」=前日計量

・【DEEP】銀GSB、拓MAXとの打撃戦を制す=11.20名古屋

・【DEEP】ラウンドガールがミニのコスプレ姿!その理由は驚きのアクシデント

・【DEEP】酒井リョウ、メガトン級の剛腕フックで赤沢幸典を初回KO!暫定王者に

・K-1美女・菅原美優が23歳に、”きゅん”な笑顔と美腹筋で誓い「カッコ良く、いい女になる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧