TOP > 試合結果 一覧

【NO KICK NO LIFE】加藤有吾、強烈ボディブローでヌアシラーからKO勝ち!杉本卓也は引退試合で魂の猛攻

フォロー 友だち追加
2024/05/17(金)UP

加藤(右)はヌアシラー(左)をKOした

RIKIX
『NO KICK NO LIFE』
2024年5月17日(金)東京・後楽園ホール

▼第6試合 56キロ契約 3分3R
〇加藤有吾(RIKIX)
KO 2R 0分52秒 ※左ボディブロー
●ヌアシラー・ウォーウラチャー(タイ)

ローキックで攻撃する加藤

 今年3月3月のRISE興行では、True4Uの118ポンド王者・ジャルンスックの上手さの前に持ち味を活かせず敗戦した加藤。

 今回の相手も、ジャルンスック同様True4Uを主戦場としていたが最近はRWSに参戦し、3戦2勝1敗の戦績を誇るファイタータイプ。ガツガツとアグレッシブな戦いが身上の加藤が、持ち味を生かしてヌアシラーを倒すか注目が集まる。

この左ボディブローで加藤がKO勝ち

 1R、ともにカーフキック、右のパンチを交換。加藤は強烈なカーフキックも、ヌアシラーもカーフキックからパンチへつなげる展開に。加藤はボディブローをヒット。これが有効に入ると、ボディ打ち、さらに右のパンチで追い込んだ。

 2R、加藤はカーフキックをヒット。ヌアシラーもカーフキックを返し、一進一退の攻防に。だが加藤の左ボディブローが入ると、ヌアシラーが苦しみながらダウン。そのままテンカウントが数えられて、加藤のKO勝ちとなった。

KO勝ちの加藤

 KO勝ちした加藤は「ずっとボディを狙っていたので、出てよかったです。1R目に行き過ぎないように、それで腹で倒れたのでよかったです」と振り返った。

▶次ページは、髙橋聖人vs.杉本卓也、馬渡亮太vs.オート・ノーナクシン

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】5.17『NO KICK NO LIFE』加藤有吾vsヌアシラーほか生中継、放送、配信情報

・【NO KICK NO LIFE】元J-NET王者・杉本卓也、引退試合の相手変更、髙橋聖人と対戦へ

・【NO KICK NO LIFE】鈴木宙樹の相手は韓国王者に、全試合順も決定=5.17

・【BD】見るからにヤバそう!“北九州のバケモノ“生田侑希とは?「俺は地下の地下で戦ってきた」

・新王者の“ボディペイント美女”ボクサー、批判集まる“勝者の読み間違え”に心境を告白「胸がザワついて…祝福はされない」再戦にも言及

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧