TOP > 試合結果個別

【RIZIN】Hidekiがダウンを奪い渡部太基に判定勝利

2019/07/28(日)UP

1Rでダウンを奪ったHideki(右)が勝利

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.17』
2019年7月28日(日)さいたまスーパーアリーナ

▼第1試合 スペシャルワンマッチ RIZIN キックボクシングルール : 3分3R(67.0kg)
●渡部太基(TEPPEN GYM)
判定0-2 ※28-29、28-28、28-29
○Hideki(RISE / Team gloria)

 渡部は元WPMF日本ウェルター級、Krushウェルター級チャンピオン。2006年にデビューし、KrushやM-1、REBELSなど数々の団体のリングに上がる。2018年8月にTEAM TEPPENへ移籍し、同年11月にRISEウェルター級王座決定戦へ出場。“ブラックパンサー”ベイノアと粘り強く戦うも、目の負傷によりタイトルを逃している。パワフルなパンチとハイキックを得意としているサウスポーで戦績49戦22勝(13KO)23敗2分。

 対するHidekiはボリビア人の父と、ボリビアと日本のハーフの母の間に生まれ、元キックボクサーの妻を持つ。19歳でプロデビューを果たすと関西のリングで活躍。ABWライト級、ウェルター級、スーパーライト級の3階級制覇を達成する。初参戦のRIZINで戦慄のボリビアンフック炸裂なるか。 

 サウスポーの渡部が前進し、Hidekiが後退しながらリングを回る立ち上がり。渡部の左ミドルにHidekiは重そうな右のストレートを合わせていく。渡部の右ジャブに合わせたHidekiの右ストレートが渡部の横顔を打ち抜き、渡部はロープまで後退。左右フックを打ち込まれ後ろを向いてしまった渡部は、スタンディングダウンを取られる。

 2Rから渡部は左ローに活路を見出す。大きな左ローを打ち込みHidekiは後退を繰り返すが、要所で返す右のカウンターに渡部は押される場面も。後半はややローが効いた様子も見せたが、至近距離で回転の良いパンチを見せたHidekiが渡部に攻め込ませず、初回のダウンのポイントを守り切りRIZIN初参戦を勝利で飾った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・7.28全選手が計量パス、試合順と計量結果一覧

・出場停止から復帰のHidekiがTKO勝ち

・計量パスしたKINGレイナ「かわいいだけじゃなく強いんだぞ」

・「アキコに会いたい」”愛の戦士”シュメトフのもう一つの悲願

・グラマー童顔のRIZINガール・川村那月がDVDイベント、 ファイターとしてリングインも夢!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別