TOP > 試合結果個別

【ONE】ライト級キックボクシング王者アーセルが3度目の防衛成功 ロシア強豪のムルタザエフを下す

2021/12/04(土)UP

アーセルが3度目の防衛に成功©️ONE

ONE Championship
『ONE: WINTER WARRIORS』
2021123日(金・日本時間)シンガポール・インドアスタジアム

▼ライト級キックボクシング 世界タイトルマッチ
〇レギン・アーセル(スリナム/王者)
判定2-1
●イスラム・ムルタザエフ(ロシア/挑戦者)
※アーセルが3度目の防衛に成功

 メインイベントはライト級キックボクシングの王座戦。王者アーセルは189㎝の長身で、長い手足を活かしたキックや飛びヒザ蹴りを武器とするファイター。2019年5月にベルトを獲得しライト級の初代王座に就いた。その運動量とアグレッシブさにより、ONEでは2度の世界タイトル防衛を含む5勝0敗と絶対的な強さを見せる。

 対するムルタザフはダゲスタン出身で、プロ戦績は56勝4敗。盤石な打撃技術を有しているが、パワフルな回転攻撃などの引き出しもあるという。

 1R、左ミドルを3連打のムルザタエフ、アーセルはしっかりとガードを固めると長いワンツー。ハイ、ミドルと蹴り中心のムルザタエフ。インロー、ストレートでじりじりプレッシャーをかけていくアーセルに対し、ムルザタエフは蹴りの他バックブローも見せる。

 2R、左の蹴りに加え、前蹴り、バックブローなどトリッキーな動きも見せるムルザタエフ。アーセルは距離を詰めてムルザタエフにケージを背負わせると相手の打ち終わりにローを返す。変則的なムルザタエフにアーセルは慎重な様子。

 3R、ローを打っていくアーセルだがパンチになるとムルザタエフを捉えられない。ムルザタエフはアーセルが入ってきたところへ合わせて強打を振るがガードの上。フック、ヒザなどで徐々にアーセルが攻める場面が増えてくる。

 4R、最初からアーセルが前へ出る。組んではボディへヒザ、さらにワンツーを振って詰める。近距離で攻撃を当てるのはアーセル。ムルザタエフもパンチを返すがアーセルの圧に下がってしまう。

 5R、ミドル、ジャブと左の強打を放つムルザタエフ。アーセルは常に前へと詰めながら攻撃を出し、ムルザタエフを休ませない。ボディへヒザ、右ストレートをヒットさせ、アーセルのペース。中盤、ムルザタエフにホールディングでイエローカードが出る。出るアーセル、下がるムルザタエフのまま試合終了。判定は21と割れたがアーセルが勝利。後半にペースを握った王者が3度目の防衛を果たした。

●編集部オススメ

・【ONE】12.3 全試合 結果速報(若松佑弥、秋元皓貴出場、アトム級WGP決勝)

・[この日の試合]若松佑弥が5連勝でタイトル戦をアピール!中国のヨンを総合力で圧倒

・[この日の試合]空手天才ファイター秋元皓貴が激勝!18連勝中の“中国・中量級最強の男”ジェンリャンとの接戦を制す

・[この日の試合]立ち技二冠女王・スタンプ、まさかの“一本勝ち”でアトム級GP優勝!インド新星フォガットをアームバー葬

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別