TOP > 試合結果個別

【K-1】“空手家”谷川聖哉、鋭い蹴り技でANIMALを寄せ付けず初戦突破

フォロー 友だち追加
2022/04/03(日)UP

鋭い蹴りを放つ谷川

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~K’FESTA.5~』
2022年4月3日(日)東京・国立代々木競技場 第一体育館

▼第2試合/K-1 WORLD GP 2022 K-1無差別級トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
●ANIMAL☆KOJI(日本/LEGION TOP TEAM/ALIVE)
判定0-3 ※三者とも29-30
〇谷川聖哉(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

 ”K-1の原点”である無差別級のワンデートーナメントが代々木に帰ってくる。1日3試合の過酷なトーナメントを制するのは誰か。

 ANIMALは、総合格闘家からK-1へ参戦。持ち前の鋭い出足とスピードを活かしたパンチが武器で“野獣”と呼ばれる。対する谷川は空手で輝かしい実績を残し、K-1のリングへ。一撃で相手を沈めるハイキックなど鋭い蹴り技を誇る。蹴りvsパンチの構図の戦いが予想される。

ANIMAL(右)と打ち合う谷川

 1R、谷川が右ロー、顔面前蹴りを放つと、ANIMALは鋭いワンツーで飛び込む。谷川は接近してヒザ蹴りで圧をかけつつ、カーフキック、ハイ、ミドルと蹴り中心の攻め。

 2R、ANIMALのパンチに、谷川が右ローを返す。近距離でANIMALが左フックを放つと、谷川は左ジャブで牽制する。右ミドルを蹴り込む谷川。ANIMALは左ボディフックを強打。谷川のローでANIMALの足が流れる場面も。

 3R、左右のフックで前に出るのはANIMAL。谷川は序盤から蹴り続けている右ローをコツコツヒット。ANIMALのパンチはバックステップ、ブロッキングでいなす谷川。ANIMALが右のカーフキックで谷川のバランスを崩す。ANIMALのパンチには、谷川が右ストレートのカウンターを放った。

 ジャッジは3者とも谷川を支持。バランスの良いパンチと蹴りで差をつけた、谷川が判定勝ちで初戦を突破した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・4.3全試合 結果速報(K-1無差別級T・石井慧、京太郎、山崎秀晃vs大和哲也タイトル戦、野杁、安保、江川ほか)=K’FESTA.5

・【テレビ・配信】4.3『K’FESTA』K-1無差別級T、Sライト級タイトル戦など生中継・放送・配信情報

・【K’FESTA.5】4.3 前日計量 全員パス=K-1無差別級トーナメント、王者・山崎秀晃vs大和哲也のタイトル戦ほか

・“新生vs旧王者”山崎秀晃と大和哲也がバキバキボディで計量パス「今一番強い」(山崎)「KO決着で終わる」(大和

・”怪物”野杁正明が圧勝宣言「100%に近い本来の姿見せる」決死の加藤虎於奈は「殺される覚悟で殺しに行く」=4.3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別