TOP > 試合結果個別

【K-1】石井慧、一回戦KO突破も負傷で準決勝に黄信号か

フォロー 友だち追加
2022/04/03(日)UP

石井がKO勝利でトーナメント準決勝へ進出

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~K’FESTA.5~』
2022年4月3日(日)東京・国立代々木競技場 第一体育館

▼第3試合/K-1 WORLD GP 2022 K-1無差別級トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
〇石井慧(クロアチア/チーム・クロコップ)
KO 2R 1分8秒 ※左フック
●実方宏介(日本/真樹ジムAICHI)

 柔道北京五輪金メダリストの石井はMMAに転じて戦ってきたが、昨年9月よりK-1に参戦、2連勝を見せている。

【動画】石井の左フックで実方がダウン

 対する実方はキックの第2代Bigbangヘビー級王者。昨年3月京太郎にKO負けしたものの、7月に丸山公豊にKO勝ちして再起した。

左フックをヒットさせる石井だが、実方のヒザ蹴りが脇腹に

 1R、左右に構えられると言う実方だが、サウスポーの石井に対しオーソドックスで向き合う。前蹴りを放つ実方に対し、石井は左をストレート、フックと放ってヒットを上げ、ロープに実方を詰めて連打で攻める。しかし実方も右ハイ、ヒザ&前蹴りと反撃する。

 2Rも石井は実方をロープまで下がらせ左フックをヒット。その後で実方が中央に戻ってくると、総合式のタックルのように身を沈める動きからの左フックで実方をダウンさせる。

仰向けにダウンする実方

 立ってきた実方だが、石井は再度左フックでなぎ倒してKO。だが、直前に実方のヒザを脇腹に浴び、苦しそうに押さえてリングを降りた。

※全試合結果はこちら

▶︎次ページは【動画】石井の左フックで実方がダウン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・4.3全試合 結果速報(K-1無差別級T・石井慧、京太郎、山崎秀晃vs大和哲也タイトル戦、野杁、安保、江川ほか)=K’FESTA.5

・“空手家”谷川聖哉、鋭い蹴り技でANIMALを寄せ付けず初戦突破

・柔道金・石井慧が巨体ゴリマッチョで計量パス!元ボクシングヘビー級王者・京太郎と互いに「決勝で」=4.3代々木

・【K-1】加藤久輝、愛鷹亮を左フック豪快KOで連敗脱出

・【テレビ・配信】4.3『K’FESTA』K-1無差別級T、Sライト級タイトル戦など生中継・放送・配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別