TOP > 試合結果個別

【BreakingDown】“ミスターブレイキングダウン”川島悠汰、代打の佐々木大を剛腕フックでTKO撃破!

2023/02/19(日)UP

川島が強烈なパウンドを連打した

BreakingDown株式会社
『喧嘩道 presents BreakingDown7』
2023年2月19日(日)千葉・幕張メッセ
▼第31試合 ミドル級ワンマッチ78kg以下
●佐々木大
TKO 1R ※レフェリーストップ
〇川島悠汰

両者、真っ向勝負

 川島は’’ミスターブレイキングダウン’’の異名を取る男。これまでブレイキングダウンの中心選手として活躍してきた。強烈な連打と回転力を武器に多くの選手を沈めてきた。本来は飯田将成と激突する予定であったが、交通事故で飯田が欠場。対戦相手が見つからない中、朝倉未来YouTubeチャンネルメンバー・佐々木大が男気を見せ、名乗り出た。

【フォト】佐々木ダウンの瞬間、川島のパウンド連打など名シーン

レフェリーが試合を止め、川島のTKO勝利となった

 お互いに総合格闘技の経験があることから、この試合はMMAルールで行われる。川島は総合格闘技の経験を持ち、佐々木も過去にDEEPに参戦した経験を持つ。興味深いMMAマッチとなった。

 いきなり真っ向勝負で打ち合う両者。佐々木の右フックが先に当たるが、川島の右フックが当たり、佐々木がダウン。MMAのため追撃をしたい川島だが、レフェリーが試合を一時ストップしてしまう。

川島は次回、飯田将成と対戦したいとアピールした

 続行となり、川島が上からパウンドを連打。ブレイクがかかるが、佐々木は足に来ているのか、立ち上がることができない。その様子を見て、レフェリーが試合を止めた。

 川島は佐々木へ感謝を述べた上で「佐々木選手はMMAのプロファイターなので、自分もプロとしてやっていきたいので、今度は1分でなく5分で戦えたらと思います。次回、飯田選手いらっしゃいますかね?飯田選手とやらせてください。どっちが本物のブレイキングダウンか白黒つけましょう」と高らかにアピールした。

▶︎次ページは【フォト】佐々木ダウンの瞬間、川島のパウンド連打など名シーン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・2.19『BreakingDown』全試合 結果 速報

・【BreakingDown】こめおが悶絶KO負けで担架送りに!拳骨折のYUSHIがヒザで一撃

・【BreakingDown】安保瑠輝也、K-1伝説アビディに快心のKO勝利!27kgの体重差を乗り越え

・【BreakingDown】”安保瑠輝也の弟子’’ジョリー、啓之輔を下す大番狂わせ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別