TOP > ニュース

【レベルス】梅野源治が超攻撃型ムエタイと激突

2017/07/14(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

梅野(左)の再起戦の相手は“超攻撃型ムエタイ”で国内王者たちに連戦連勝しているスアレック(右)に決定した

 9月6日(水)東京・後楽園ホールで開催される『REBELS.52』の追加対戦カードが、7月14日(金)都内で行われた記者会見で発表された。

 元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者・梅野源治(PHOENIX)が、2016年10月以来のREBELS参戦。“超攻撃型ムエタイ”元ラジャダムナンスタジアム認定フェザー級7位スアレック・ルークカムイ(タイ/スタージス新宿ジム)と激突する。

 梅野は5月にタイ・ラジャダムナンスタジアムで同スタジアム認定ライト級王座の初防衛戦に臨んだが、サックモンコンにダウンを奪われての判定負け。今回が再起戦となる。

「あのベルトはいろいろな人の協力があって巻くことが出来たベルトですが、内容もよくない大差の判定負けで失って悔しい想いをしました。どん底に突き落とされた気持ちです」と梅野。今回は自分の原点ともいえるREBELSのリングでの再起戦を選んだ。

「僕が有名ではない頃からメインの試合で使ってもらったし、いい試合を組んでもらって成長させてもらった恩のある団体です。その恩のあるREBELSからスアレックとやらないかとの言われて、僕の本来の希望はタイのランカー、タイで現在活躍している強いタイ人とやりたかったんですが、前回いい勝ち方が出来ていないこと、恩があることからREBELSに出ることにしました。スアレックは面白い試合をするので、その相手とやってREBELSを盛り上げていきたい」と意気込む。

 一方、対するスアレックからは強気な発言が次々と飛び出した。

「梅野と試合が決まってビックリしたけれど嬉しいです。梅野は強いとみんな言っているけれど、どれくらい強いかやってみたい。今まで僕が戦った日本チャンピオンたちも強いと言われていたけれど、僕が勝っている。次の試合も僕の方が強いです」と、これまで国内王者クラスを総なめにしてきたように、梅野にも勝つと宣言。

 さらに、「梅野は遅い。ヒジしかない。強いけれど僕には勝てない。100%勝つ自信があります。僕はパンチが強いので狙って行きます。梅野からダウンを獲るところをみんなに見せたい」とニヤリ。

 これを受けて梅野も、「スアレックもパンチとローしかない。手堅く勝とうと思えば確実に勝てます。でも、パンチとローでも僕が勝てると思っている。ラジャのベルトを獲った僕と同じ強さのわけがない。違いを見せてやります」と言い返した。

 また、これまで主戦場にしてきたKNOCK OUTに関しては「いいマッチメイクをしてくれれば出たい。会長が決めた試合をやります」とし、「これまでと変わらず世界最高峰のラジャダムナンとルンピニーの王座を狙って行きます。今回いい勝ち方をして、REBELSに現役ランカーを呼んでもらいたい。世界のトップを目指していきます」と、これまで通りムエタイの頂点を目指していくと語った。

●編集部オススメ記事
・サックモンコンが梅野をダウンさせ王座奪取
・超攻撃型ムエタイのスアレック圧勝
【試合動画】梅野、ラジャダムナン・ランカーを豪快KO
【試合動画】梅野が快挙、ムエタイ二大殿堂統一1位をTKO葬  

<追加決定カード>

▼ライト級 3分5R WPMFルール
梅野源治(PHOENIX/元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者)
vs
スアレック・ルークカムイ(タイ/スタージス新宿ジム/元ラジャダムナンスタジアム認定フェザー級7位)

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック