TOP > ニュース

【ボクシング】ボブ・アラム氏「村田勝てば来年はアメリカで試合」

2017/10/21(土)UP

この会見でボブ・アラム氏は村田の今後について言及

 1022日(日)東京・両国国技館で行われるボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチ、村田諒太31=帝拳)vs王者アッサン・エンダム(33=フランス)の調印式が、20日(金)都内ホテルにて行われ、村田、エンダムとともにプロモーターのボブ・アラム氏が会見に出席した。アラム氏は村田をプロモートする米トップランク社のCEO。村田の今後を見据え、同社のマッチメーカーも今回日本に同行させた。

 アラム氏は「村田が勝てば、この次は本田会長としっかりと話し合って将来的なことを決めて行きたいと思う。今後、村田選手が日本国内で戦うかどうかということもあるが、2018年(来年)にはアメリカで試合を組みたいと思っている」と試合に勝てばアメリカで試合を組みたいと言う。
 更にこの一戦はアメリカ国内でも注目されているという。

村田、エンダムと共に会見に出席したアラム氏

「この一戦はアメリカ国内最大のスポーツネットワークを持つESPNで(生)放送される。ESPNの方でもこの対戦の重要性から再放送も同日に決定している。今後の村田選手の試合を考慮し、我が社からマッチメーカーの一人であるブレッド・グッドマンを今回日本に連れて来た。今回の試合を観戦し、村田選手のスタイル、ボクシングのタイプを見て、今後の試合の相手についても考えて行きたい」と本場、アメリカでのマッチメイクに積極的な姿勢を示した。

会見で質疑応答に答えるアラム氏

 ♦︎ボブ・アラム氏は1931年、米ニューヨーク生まれ。弁護士からボクシングプロモーターに転身。1973年トップランク社設立。マイク・タイソンのプロモーターで知られるドン・キングとは70年代から長くライバル関係にあった。80歳を超える現在でも世界のトップクラスプロモーターとして君臨、これまでマニー・パッキャオ(フィリピン)、オスカー・デラホーヤ(米国)、フロイド・メイウェザー・ジュニア(米国)などプロモート。村田諒太とは2013年からプロモート契約。

●編集部オススメ
・調印式で村田諒太「自信を持って殴れる」、エンダム「(物議を)克服し更なる強さ見せる」
・エンダム、村田に「勝つ自信1000%、フルラウンド戦える力をつけて来い」

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース