TOP > ニュース

【レベルス】WBCvsWPMF王者対決が実現、小川翔が潘隆成と対戦

2017/11/07(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

WBCムエタイ日本ライト級王者・小川翔(左)vsWPMF日本スーパーライト級王者・潘隆成(右)の王者対決が決定

 11月24日(金)東京・後楽園ホールで開催される『REBELS.53』の最終追加対戦カードが発表された。

 WBCムエタイ日本ライト級王者・小川翔(OISHI GYM)vsWPMF日本スーパーライト級王者・潘隆成(ぱん・りゅんそん/クロスポイント吉祥寺)の王者対決が決定。

 小川は高校生時代にK-1甲子園優勝の実績を持ち、2009年プロデビュー後はレベルス、蹴拳でタイトルを獲得。昨年11月にはWBCムエタイ日本統一ライト級王座決定戦でNJKF王者・階勇弥をヒジによるカットで下し3つ目のタイトルを獲得した。

強烈なヒザ蹴りを繰り出す潘

 対する潘は180cmの長身を誇り、サッカーで鍛えた強靭な足腰から放つ蹴り技を武器に、無敗街道を突き進むREBELS期待のルーキー。昨年9月にNOBU BRAVERYとのWPMF日本王座決定戦を制し、タイトル獲得を果たした。現在連敗を喫しており、再起を狙う。

●編集部オススメ
・ゴンナパーが潘と熱闘、V2達成
・梅野源治が“空飛ぶムエタイ”ルンピニーランカーと激突

<追加対戦カード>

▼スーパーライト級 WPMFルール 3分3R
小川 翔(OISHI GYM/WBCムエタイ日本ライト級王者)
vs
潘隆成(クロスポイント吉祥寺/WPMF日本スーパーライト級王者)

【大会・チケット情報】 11・24 Def Fellow「REBELS.53」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース