TOP > ニュース

【RISE】V2戦間近の那須川天心が目指す試合は「圧倒、圧勝、お客さんも感無量」

2017/11/20(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

今年7戦目の那須川がRISE王座2度目の防衛戦に臨む

 11月23日(木・祝)東京・TDCホールにて開催される『RISE 121』で、RISEバンタム級王座2度目の防衛戦に臨む王者・那須川天心(TARGET)の試合直前コメントが主催者を通じて届いた。

 RISE、KNOCK OUT、RIZINと3団体を股にかけて活躍する那須川は今年7戦目。10月15日にRIZINでの藤田大和戦を終えて約1カ月で今回の試合に出場する。

「もう慣れたって感じですね。試合がずっと続いてきたので。今年はやり切るって決めてやっているので問題無いです。今回は自分のホームリングなので、しっかりとRIZINやKNOCK OUTで活躍してきたところを活かしてホームで爆発したいなと思います」と意気込む。

 挑戦者の「南米20冠王」イグナシオ“El Misil”カプロンチ(アルゼンチン)については、「相手も面白い選手というか派手な試合が出来る選手なので、相手の技を全部避けつつ、自分だけ当てて圧倒的にKOしたいと思っています。(気を付けるのは)変則的な技ですね。でもそういう相手と昔からずっとやってきたので、自分には当たらないと思います。向こうのスター選手ですが、ただ良い試合をして勝つのではなくて圧倒してKOで勝てば南米の人たちからも注目されるので、もっともっと世界に知ってもらえる機会かなと思います」と、南米にも自分の名を轟かせたいという。

挑戦者は南米で20以上のタイトルを獲得した南米最強の男イグナシオ

 ズバリ、狙うのは「KOですね。本当にKOしか狙っていないので。あとはいろいろな技、相手がやられて嫌な技で倒したいなと思います。ボディだったり、ちょっと派手な技で倒したいですね。相手は蹴り技の選手なので、蹴りで倒したら面白いと思いますし」と、絶対KOを宣言。

 年末にはRIZIN参戦を控えており、RISEでの今年の試合はこれが最後。「最後に印象良い終わり方をすれば来年につながると思うので、圧倒、圧勝、お客さんも感無量、インパクトのある試合をして来年につなげたいです」との目標を掲げる。

 そして「知名度は段々上がってきてますが、まだまだ、もっともっとって気持ちはあります。あとは僕だけではなくてRISEっていう団体を一緒に盛り上げていきたいなって思いますね。それには僕の試合もそうですし、周りの人の試合も関係してくると思います。全員でしっかり盛り上げていきたいなと思います」と、エースらしい言葉で締めくくった。

●編集部オススメ
・那須川天心、南米20冠王を絶対KO宣言「僕に挑戦して来たことを後悔させる」
・那須川天心に対戦迫るイグナシオ「100%KOする自信ある」


【大会・チケット情報】 11・23 RISEクリエーション「RISE121」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース