TOP > ニュース

【RIZIN】五味隆典と対戦決定の矢地祐介「俺がエースだということをわからせる」

2017/11/29(水)UP

会見後の撮影では五味(右)は一切、矢地(左)とは目を合わさなかった

 12月29日(金)31日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』の記者会見が11月29日(水)都内にて行われ、追加対戦カードが発表された。

 RIZIN MMA特別ルール、72.0㎏契約で元PRIDEライト級王者・五味隆典(東林間ラスカルジム)vs矢地祐介(KRAZY BEE)の一戦が決定。このカードは矢地がSNSを通じて五味に大みそかでの対戦を呼び掛けて、ようやく実現したもの。五味は9月のUFCでのキム・ドンヒョン戦で1RTKO負けを喫し、今回が再起戦。日本のリングでの戦いは2009年10月のVALE TUDO JAPAN戦以来、約8年ぶりとなる。

 RIZINで3連続KO勝ちと大活躍中、念願叶った形となった矢地は「この試合が決まるまで凄く紆余曲折があって、その中で五味選手に対してガッカリした部分、イライラした部分もあって、俺の大好きだった五味隆典はこんな感じなのかなと思いました。でも、五味選手は僕にとってはヒーローです。僕が中学時代に五味選手はPRIDEで暴れ回っていて、俺もこんな強い男になりたいと思って格闘技を始めたと言って過言でもありません。そんな五味選手と日本のリングで大みそかに戦えることを幸せだと思うし、光栄だと思います」と五味に対しての想いを語る。

「ただ俺の役目は今回しっかり勝って、世間に、世界に、そして五味選手自身に時代は変わったんだよということ、世代交代、俺がエースだということをわからせたいと思います」と世代交代を宣言した。

 これを受けて五味は「頑張ります……。いいコンディションでやるようにしっかり練習します。それだけかな~」と言葉少ないコメント。

 質疑応答で心境を聞かれると「9月23日のUFCで試合をしました。UFCは現役の中で一番長く所属して一番多く試合したところで、(RIZINから)お話をいただいてありがたいですけど、すぐにはという気持ちになれなかった。オファーを受けるのであればきっちりトップクラスの練習をやれるかどうかを試して、その上でオファーを受けないと思いそれで時間がかかりました。この前試合して年に3試合やることはここ数年なかったこと。お話をいただけるうちに挑戦しようと思って試合を受けました」とカード決定の裏には複雑な心境があったようだ。

 矢地に対しての印象を聞かれると「元気のある選手。矢地君の試合がなぜフジテレビの放送ではハイライトなのかなと。真剣勝負でいい試合ができればいいと思っています」とコメント。

 会見後のツーショット撮影では五味は一切、矢地とは目を合わさず、矢地が握手を求めても拒否したことで緊迫した空気が会場に流れた。

●編集部オススメ
・五味隆典が大みそか参戦か、矢地との対戦も「可能性はゼロではない」
・矢地祐介が五味隆典に大みそか対戦直訴

【大会・チケット情報】 12・29 RIZIN FF事務局「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント2nd ROUND/Final ROUND」

【大会・チケット情報】 12・31 RIZIN FF事務局「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント2nd ROUND/Final ROUND-」

 

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース