TOP > ニュース

【ボクシング】村田諒太が欧州王者を挑戦者に初防衛戦

2018/01/22(月)UP

村田の初防衛戦の相手は欧州王者のブランダムラ(右)

 ボクシングの帝拳ジムは22日、ロンドン五輪金メダリストでWBA世界ミドル級王者の村田諒太(32=帝拳)の初防衛戦を415日(日)、横浜アリーナで行うことを発表した。相手は同級10位(WBCIBF同級7位)エマヌエーレ・ブランダムラ(38=イタリア)。

 村田は王座獲得後、メディアの露出が急増、あまりの忙しさに発表の初防衛戦も「もう決まったか、という感じ。ここまであっという間。この会見を機に集中して必ず勝ちたい」と手綱を引き締めた。五輪金メダリストに加え、プロでも頂点を極め、注目度は増すばかりだが「練習は続けていた。前回の反省を踏まえての試合になる」と村田。

 挑戦者のブランダムラについては「技術のある選手。欧州は地域タイトルで一番活気があるから」と警戒。難関の初防衛にも「みんな失敗の原因はハングリーさを失っての結果と思う。自分は自分自身のボクシングを作り上げたい」とプレッシャーの克服にも自信をのぞかせた。 

 挑戦者のブランダムラは27勝(5KO2敗。身長178cmの右ボクサーファイター。18歳からボクシングを始め、アマ44戦のキャリア。27歳でプロデビューと遅いが、欧州ミドル級王座など他にも地域タイトルを獲得している技巧派。20年のキャリアと38歳の年齢を口にし、「ボクシング人生の集大成にしたい。村田は偉大なファイターで技術も優れている。ボクサーとしても尊敬しているが、自分はテクニシャンで『カメレオン』と呼ばれている。何か曲をかけてくれれば合わせて踊れる」と相手に合わせたボクシングに自信を語った。

 また横浜アリーナは16000人収容の大会場。20124月に亀田興毅が4度目の防衛に成功したWBA世界バンタム級タイトルマッチ以来で観客動員も注目される。(山崎照朝)

●編集部オススメ

・村田が新王者に。エンダムにTKOでリベンジ達成

・ボブ・アラム氏「村田勝てば来年はアメリカで試合」

・ゴロフキンがドロー防衛で連勝記録ストップ。再試合「是非やりたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース