TOP > ニュース

【ボクシング】メイウェザーのUFC参戦いよいよ濃厚か、マクレガーにヒジ打ち合成写真

2018/02/14(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

メイウェザー本人がSNSにアップしたヒジ打ちの合成写真。「プロの殺し屋vsプロのビッチ(臆病者)」と書いている。

 ボクシング史上初の無敗で5階級制覇を成し遂げ、50戦全勝記録を持つ“ボクシング・レジェンド”フロイド・メイウェザー(40=アメリカ)。昨年8月、UFC最大のスターで、UFC史上初の同時二階級制覇を成し遂げたコナー・マクレガー(29=アイルランド)とボクシング・マッチで対戦し、10R TKO勝利したメイウェザーのMMA(総合格闘技)参戦が、いよいよ現実味を帯びてきた。

 つい先日もメイウェザー本人が、MMA用のオープン・フィンガー・グローブを付けた写真をSNSにアップし、同じくSNSにアップした動画では「2018、フロイド・“マネー”・メイウェザー、MMA」と語っていたことは、イーファイトでも報じたとおりである。そして今回、メイウェザーはオープン・フィンガー・グローブをはめて、マクレガーにヒジ打ちを叩き込み、顔から大流血させている合成写真をSNSにアップした。

ボクシングルールで対戦したメイウェザーとマクレガー(右)が、今度はMMAで再戦する日が来るのか(写真=getty)

 メイウェザーは、以前にも「UFCから10億ドル(1000億円以上)でMMAマッチをしないか、とオファーが来ている」と語っていた。

 昨年のマクレガー戦ではファイトマネーやスポンサー契約などで約3億ドル(300億円以上)を超えるビッグマネーを手にしたと言われるメイウェザーだが、本人が言う今回のUFCからのオファーは、さらに上をいくとてつもない金額だ。メイウェザーがMMA初挑戦に心を動かされても不思議はない。今後の動向がさらに注目されるところだ。

●編集部オススメ

・世紀の一戦はメイウェザーが10RでTKO勝ち

・メイウェザーが総合用グローブを着け「2018、メイウェザー、MMA」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース