TOP > ニュース

【RIZIN】堀口恭司、那須川天心と「当然やりたい。勝つ自信ある」

2018/02/26(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

那須川天心とのキックルールでの対戦を熱望した堀口

 5月6日(日)マリンメッセ福岡で開催の『RIZIN.10』に出場するRIZINバンタム級トーナメント王者・堀口恭司(27=アメリカン・トップチーム)が、2月26日(水)都内にて記者会見を行った。堀口は元UFCトップファイターのイアン・マッコール(アメリカ)と対戦する。

 会見で2018年の抱負を聞かれた堀口は「いろいろなこと、新しいことに挑戦していこうかな。マッコールにしっかり勝って、自分のキャリアの中でどんどん挑戦していきたい」と挑戦をテーマにあげた。

 具体的にはとの質問には「MMA(総合格闘技)から外れて、いろいろなルールの違いに挑戦したい」と、MMA以外の試合にも挑戦したいという。

 それはズバリ、那須川天心(19=TARGET/Cygames)とのキックボクシングルールでの対戦かと聞かれると、堀口は「それは当然やりたい。それをやれば日本が盛り上がると思うので自分はやりたい」と、那須川との対戦は望むところのようだ。さらに「やったら勝つ自信は当然あります」とキックルールでも勝てると言い放った。

「元々、自分は空手をやっていたので(キックルールでも)いつもと戦い方は変わらない。タックルに入らないのと組むのがなくなるくらいでしょう。グローブ(の違い)は関係ない、当たれば倒れるので」と自信をのぞかせた。

 これを受けて榊原信行RIZIN実行委員長は「それぞれの想いやファンや主催者の想いもある。まずは5月にどんな熱が生まれるのかにもよる。そのタイミングで一番ファンが見たいと思うものを前倒しに出さないと熱は生まれない。マッコール戦の勝敗にもよるし、天心も5月に出るのでその結果を受けてから考えたい。今年後半のGP(トーナメント)の方向性もあるし、その中で堀口vs天心戦がワンマッチで実現するのか。5月の開幕戦で新しい未来に向けたテーマを作り出してくれるのかなと思う。そういう意味で5月に注目してほしい」と、まずは5月大会の結果を見て、年内にどの大会で実現させるか考えたいとした。

●編集部オススメ

・那須川天心vs堀口恭司のキックルール対決、来年にも実現か

・堀口恭司が那須川天心と「戦う日が来るのも近い」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース