TOP > ニュース

【K-1】KANA、女子ボクシング五階級制覇王者・藤岡奈穂子直伝“鉄の拳”でKO宣言

2018/03/09(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

公開スパーリングを行ったKANA(左)と女子ボクシング五階級制覇の藤岡(右)

 3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~』に出場する、Krush女子-50kg王者KANA(25=K-1ジム・シルバーウルフ)が8日(木)都内で公開練習を行った。

 スーパーファイト(ワンマッチ)でポリナ・ペトゥホーヴァ(18=ロシア)と対戦するKANAは、女子ボクシング五階級制覇王者・藤岡奈穂子(42=竹原慎二&畑山隆則ボクサ・フィットネス・ジム)とのスパーリングを公開。

 KANAは昨年1月にメロニー・ヘウヘスにキャリア初の黒星を喫して王座を奪われたが、その後2連勝を経て12月9日の『Krush.83』で再戦。見事リベンジに成功して王座を奪還した。このリベンジ成功の裏には、1年半前から続けていた藤岡とのスパーリングがあったのだという。

 藤岡を相手にパンチのみのスパーリングを行ったKANAは、得意のフックのほか、鋭いジャブやストレートも見せ、防御面でもダッキングやウィービングなどボクサーばりのボディワークを披露した。

 KANAが藤岡と練習するようになったのは、WBC世界フライ級王者・比嘉大吾のコーチも務める野木丈司トレーナー(白井・具志堅スポーツジム)の紹介だったと明かした。KANAは野木トレーナーが主宰する坂道ダッシュ等のトレーニングに比嘉らとともに参加しているのだが、野木氏から「藤岡ほど強い女子ボクサーはいない」と紹介されたという。

「私はもともとパンチが凄い苦手で、パンチの防御も苦手だったので、藤岡さんとスパーリングさせてもらおうと思ったんです」とKANAは1年半前を振り返る。「初めてスパーリングする前は凄くビビッていたんですけど、拳を交えたら実際凄くて、メチャメチャにやられました。圧倒されましたね」

 藤岡は「K-1と違ってボクシングルールだったので、私が有利にやらせてもらいましたけど、KANAちゃんは全体的にバランスがいい選手。パンチ力もある」と称賛。「今の女子ボクシングでも十分通用するパンチを持っている。ボクシングに転向してくれないかな、と思います」と、KANAのボクシング技術に太鼓判を押した。

藤岡が渡米して修業した際、”ゴロフキンの師匠の師匠”にもらった特注ダンベルでシャドーするKANA。ダンベルの片側だけに重りがあるので、拳をひねりこむようになる

「藤岡さんとのスパーは試合と同じくらい緊張するし、スパー前日には、試合の前日に食べるものと同じものを食べたりして、気持ちを作って行かないと、出来ないほどなんです」とKANAは藤岡とのスパーの厳しさを語る。「でも、試合をするのと同じくらい得るものがあるんです。毎回家に帰ってからスパー動画をチェックして『技をできるだけ多く盗みたい』と思って研究しています」

 KANAのそうした“研究”の成果を藤岡も「凄く感じますね」と即答。「毎回スパーするたびに課題があるんですけど、次回までにキッチリそれを身につけてくるので。KANAちゃんは元々器用だと思うけど、努力も凄くしていますよ。凄くレベルの高い選手なので、私にとっても貴重なスパーリング・パートナーです」と話す。

藤岡のアドバイスを受けながら特注ダンベルでフックを打つKANA。

「ボクシングとキックボクシングの違いはあるけど」とKANAは言う。「2人とも世界最強を目指してるし、藤岡さんは五階級を制覇しているので、キックでは複数階級制覇はなかなか難しいですが、私もどの階級でも世界と戦えるような選手になっていきたいです」との目標を掲げた。

 一方、藤岡は「私がKANAちゃんの年の頃に、こんなに一生懸命やってたかな、って思います。KANAちゃんはどんどん強くなっていく。ジョシカク界の希望です。今回、初めてK-1でも女子の試合が組まれたわけだし。期待、大ですね。私もそのために身を削って相手をしてるので、ぜひ頑張ってほしい」とエールを送った。

 KANAも「誰もやったことのないことを成し遂げてるのが藤岡さん。自分も今回、K-1初の女子の試合が組まれたから、新しいことをやっていきたい。今大会はトーナメントもあるし、それ以外のカードも全部タイトルマッチだから、見てる人に強い印象を残すためにも、倒して勝たなきゃいけない。藤岡さんとのスパーで磨いた“鉄の拳”でKOしたいです」と、藤岡ゆずりのパンチでのKO勝利を目指すと誓った。

(写真・文:稲垣 收)

【大会・チケット情報】 3・21 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」

●編集部オススメ

・KANAが執念の王座奪回でK-1出撃をアピール

・初の女子マッチでKANAがKO宣言、ロシアからの”美しき刺客”迎え撃つ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース