TOP > ニュース

【K-1】三階級制覇・武尊が受けた魔裟斗の影響

2018/03/21(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

1回戦で一番の強敵だと思っていたスタウロス(左)をあえて指名したのは、魔裟斗の影響があったと武尊は明かした

 3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催された新生K-1史上最大のビッグイベント『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~』。

「K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント」で優勝し、史上初のK-1三階級制覇を成し遂げた武尊(26=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が、大会終了後にコメントした。

K-1で3本目のベルトを巻いた武尊

「誰も成し遂げていないことをやるのがカリスマだと思うし、魔裟斗さんも誰も成し遂げていないことをやってきたので、カリスマと呼ばれる存在になるにはそういうことをしなければいけないと思ったので60kg(スーパー・フェザー級)に挑戦しました。厳しいのは分かっていたんですけれど、気持ちでは絶対に負けない、それは絶対に決めていたのでとにかく勝てました」と、三階級制覇に挑戦した理由を語る武尊。

「1試合目にスタウロスを指名したのは、魔裟斗さんが昔、一番キツい道を行くのが一番の成功の近道と言っていて、当時一番強いと言われていたブアカーオ選手を指名してやったじゃないですか。一番キツい道を行った方が(近道を)行けるって信じていました。一番キツい相手だと思ったけれど、絶対に1回戦でノーダメージの言い訳出来ない状態でやりたかったので、1回戦で出来てよかったです」と、前王者・大雅をKOしているスタウロスとの対戦を1回戦で希望したのは、魔裟斗の影響があったことを明かす。

決勝では小宮山をKO。トーナメントの決勝戦でKO勝ちしたのは今回が初

 決勝戦で対戦した小宮山工介(K-1ジム北斗会館)については「ああいうスタイルは、下馬評では武尊は苦手だろうと言われていたので余計に倒したかったし、絶対に捕まえようと思っていました。その上で倒せるのを証明したかった」との想いがあったという。

 今後のことを聞かれると「今回、三階級制覇をするって目標を去年からずっと考えてやってきたので、やり切った時に燃え尽きちゃうのかなと思っていたんですね。でも今日終わってみて、お客さんの盛り上がりとかいろいろな人の反応を見て、K-1のパワーはまだまだこんなもんじゃないって思ったし、一番盛り上がっていた時のK-1を越えるのが目標。それと地上波ゴールデンタイムでの生放送を近いうちに絶対に成し遂げたいと思います」との目標を掲げた。

 隣にいた魔裟斗に「その時は誰とやるの?」と聞かれると、武尊は「誰とでもやります!」と笑顔で答えた。

●編集部オススメ

・【K-1】全試合結果=2018年3月21日

・過去最強の武尊完成「明日で格闘家人生が終わってもいい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース