TOP > ニュース

【ボクシング】亀田興毅vsポンサクレック、ライセンス無しでも決行へ

2018/04/05(木)UP

今年元旦に復帰宣言した亀田興毅。非公式の復帰戦になる模様だ。

 5月5日(土)東京・後楽園ホールで世界三階級制覇・亀田興毅(31=協栄ジム)との対戦が発表された元WBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(40=タイ)だが、日本ボクシングコミッション(JBC)の規定によりボクサーライセンスの再交付が認められなかった。

 亀田のライセンス発行は承諾されたが、ポンサクレックはJBCの「37歳以上は最終試合から3年以内が交付条件」という年齢制限規定があり、ポンッサクレックは現在40歳で最終試合から3年以上が経過していることから再交付は不可能な状況に。

昨年5月、Abema TV「亀田に勝ったら1000万円」の調印式で睨み合う亀田興毅と暴走族総長

 同試合を生中継するAbema TVはこのJBCの方針を受け、「亀田興毅vsポンサクレック・ウォンジョンカムの試合は公式・非公式試合にかかわらず、いずれにせよ決行する方針」であるという。
 ただし同試合以外に関しては通常規定にのっとり、JBC認可の公式興行としての開催を希望。
 亀田vsポンサクレックを含むその日の興行を生中継する意向だ。

昨年5月、「亀田興毅に勝ったら1000万」でリングに上がりボディで圧倒する興毅(右)

 この件についてAbema TV広報担当者は、「再交付がなされない事に関しては誠に残念ではございますが、公式・非公式を問わず亀田興毅氏vsポンサクレック・ウォンジョンカム氏の『現役時代以上の真摯なボクシングの試合』を執り行いたい、楽しみにお待ち頂いているお客様や視聴者の皆様に期待通り、それ以上の内容をお届けしたい、同試合を元にボクシングの発展や更なる魅力の向上につとめたい、という強い思いをAbemaTVスタッフ一同、持っております。形式は変われど、真摯な試合を行い、その模様を全国の皆様にお届けしたいという方針は変わりません」とコメントしている。

●編集部オススメ

・亀田興毅、最後の相手はポンサックレック=5月5日・後楽園ホール

・亀田と元暴走族総長が一触即発に「ここでやんのか?」

・河野がV2、亀田はダウンを喫し引退発表

・亀田興毅に勝ったら1000万円 全試合結果

・朝青龍を押し出したら1000万円 全試合結果=2017年12月31日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース