TOP > ニュース

【ボクシング】井上尚弥が計量に70分遅刻の王者に怒り「KOで締める」

2018/05/24(木)UP

計量クリアした王者・マクドネル(左)と井上尚弥。マクドネルのやつれ具合は昨日とば別人だった

 525日(金)東京・大田区総合体育館にて行われるWBA世界バンタム級タイトルマッチ、王者ジェイミー・マクドネル(32=イギリス)vs挑戦者で同級2位の井上尚弥(25=大橋ジム)の前日計量が、24日(木)都内にて行われた。

 計量は午後1時からの予定だったが、マクドネル滞在の横浜のホテルから都内・水道橋の計量の会場まで交通事情の影響で70分の異例の遅刻。

昨日(23日)調印式でのマクドネル。まだふっくらしている

 昨日の調印式でも水をがぶ飲みしていることもあり、体重調整が上手くいかず、ギリギリまで調整していたため故意での遅刻ではとも疑われた。

 計量は2時10分からスタートし、井上はバンタム級リミットの53.5kg、マクドネルは200gアンダーの53.3kgで一発クリアした。

 計量を1時間以上待たされた井上は「ふざけてますね。謝りの言葉ひとつないのが腹立ちました。陣営の態度もイラッと来ましたが明日ぶつけます」と怒りを試合でぶつけるとし、「判定決着は望んでないのでKOで締めくくりたい」と宣言した。

計量を200gアンダーでクリアしたマクドネル

 今日のマクドネルが昨日に比べかなり痩せこけていたことについて井上は
「昨日との変わり様にびっくり。顔も別人でした。体重をクリアしたのにしろ、水抜き(減量で体内から運動、サウナ等の方法で水分を出す)のダメージが相当大きい」としながらも「明日の夜9時まで時間があるし、そこはしっかり相手も回復してくると思う」と警戒した。

井上はバンタム級リミットの53.5kgでクリア

 また「水抜きは体重が戻りやすいと言われる。多分、(マクドネルは)今日の朝3kgほどオーバーだったと思う。そこから何時間かかけて体重を落とした」と井上は予測した。

 水抜きの回復から明日はマクドネルとリングで向き合った時、相手が大きくなっていることを想定する井上だが「ただその分、動きも鈍るし、ボディも効きやすくなる」と水抜きの回復による弱点も語った。

向かい合う両者

 井上は自身のコンディションについて、バンタムに上げたことで「(減量は)多少楽にできた。体調はバッチリ」と良好の様子。井上の所属するジムの大橋秀行会長も相手の遅刻を問題視したが、「減量の苦しい方が回復が遅れる」と井上勝利に期待を込めた。
 井上は1515勝(13KO)で、今回勝利すれば、16戦目で3階級制覇となり、日本人史上最速となる。

●編集部オススメ

・井上尚弥、三階級制覇へ「流れが来たら必ずKOを狙っていく」=調印式

・王者マクドネル、井上尚弥よりも「全てにおいて私の方が優っている」

・拳四朗、再戦は「明らかな差を見せる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース